S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

トイレの便座を替えた話

# by dugong156 | 2017-11-04 19:44 | 日記
トイレの便座のど真ん中にヒビが入って久しかった。
(丁度、座るとお尻の割れ目の位置。内側から外に向かって)

そもそもは軽いヒビだったのが、重いのが座って体重をかけるもんだから、どんどん広がり、水回りの強力防水テープで補強もしたんだけど、駄目だった。
(今にして思えば巻きが少なかったなぁと思う。グルグル巻かないといけなかった)
まぁ考えてみればそれは応急処置で、やはりちゃんと便座を替える方がいい。

うちのマンションは築云十年で、便器のメーカーは「西浦製陶株式会社」という現ジャニス工業株式会社の前身のマークが付いていた。
ホームページによると社名が変わったのが1979年とのことなので、それ以前の製品――相当古いことは間違いない。

一応、大家さんから管理を請け負っている不動産会社に相方が話してくれたけど、写真を撮って行った割には一向に話が進まず、1年以上も放置プレイ‥‥。(原因を体格で判断された気がしてならない)
もういい加減諦めて自分でやろうと決め、先月、散々迷ってTOTOの便座を買った。

TOTO 「TC300」 パステルアイボリ~(ソフト閉止付き~)
(ドラえもんの声でお願いします)

もう、これに決めるのにどれだけ迷ったか‥‥。
そもそも大きさが2種類あるなんてこと自体、知らなかった。
便器の方に便座の取り付け穴がある。その間隔が 140mm なのは同じらしいけど、その位置と便器の最先端までの長さが、約44cmだと標準(レギュラー)、約47cmだと大型(エロンゲート)なんだそうだ。
ネットで見ると大体このくらいの数値になってる。

水道用品とかのメーカーが両用タイプを出してて、当初それにしようかと思ってたけど、レビューで耐久性が今一つという話を見かけると踏み切れなかった。
(Amazonにあった「カクダイ」のなんか写真だとしっかりしてそうなんだがなぁ)
正直、こういう時って裏側も見たいなと思った。座部の裏側‥‥持ち上げた時に見える所。画像検索しても全然引っかからない! 厚みとか分かんないし。
長さも何度測っても微妙な長さに思え、よく分からず、「間違ったらゴミよゴミ!」の脅迫観念に苛まれ、大きさで悩み、最終的に相方の「あかんかったらまた買え」の一言で気が楽になり、標準サイズを買うことにした。相方ありがとう。

取り付けは簡単だった。
ウォーターポンププライヤーがあったので、古い便座のナットはそれで外して、買った便座は+ドライバー1本あれば OKだった。
便器側の取り付け穴に、中にネジのメスがはまってる黒いゴムのボコボコしたの(「ゴムプッシュ」と書かれている)を挿し込んで、便座側の下側に板状の黒ゴムも付けて、あとは上側の窪みに座金をはめて、ボルトを締める。この作業自体は早い!
ただ実際は、ゴムプッシュを便座側の穴に入れると勘違いし、細めの楕円形の穴に(そりゃそうだボルトが通るくらいの穴だもん)無理矢理円形のゴムプッシュをねじ込もうと悪戦苦闘していたのは内緒だ。(←矢印まで図には描かれているのに、どうして便座の方の穴に通すと思ったのか未だに謎)

古いのを外した時に、便器の取り付け穴部分周りに、もらい錆びも含めた長年の汚れにちょっと困ったくらい。(1回、簡単に外せるか見た時にそこまで見とけばよかったと後悔した) 早く取り付けたいし、綺麗にはしたいしで、こういうの業者さんって大変だろうなと思いながら、最後の手段でカッターの刃を寝かせて削り落として、だいぶ取れた。うっすら染み込んじゃってるのは駄目だったけど。

新しいのは便座の表面の艶もあって、しっかりしててかなり持ちそうだ。
前のと比べると、取り付け穴周りがシンプルな作りだから掃除がしやすくなった。
前のは、2つの取り付け穴の上側にボコッとプラスチックの固まりの四角いのが乗っかってたんだけど、それがなくなり掃除がしやすくなった。

あ、そうそう、便座を取り付ける前にやることが。
便座の取り付け具の部分は、90度曲がった状態で箱に入ってるから(便座を跳ね上げた状態)、出したら水平にしとくのを忘れないように。

サイズは標準サイズでピッタリだった!
ただ、後で分かったんだが‥‥そもそも破損した便座自体、元々付属の物じゃなかったみたい。なぜ分かったかというと、取り付けた便座は綺麗に収まってピッタリのはずなのに、どうも小さい‥‥そう今まで付けてたのより‥‥小さい‥‥。
実際に座ってみると、穴が‥‥小さい。困りはしない‥‥。
ただ、今までのより、間違いなく小さい‥‥。

そう、実は前のは標準の便器に大型タイプを取り付けていたのだった。
分かって思い返すと、U型だったので分かりにくかったけど、ちょっと前に出てた気もする。大きさで悩んで損した気分ではある。
まぁ、ちょっと支える部分がズレて、割れやすくはなるのかもしれないな。

[PR]
      

私の人生無駄ばかり…そんな日々。
by dugong156
タグ
検索
最新の記事
トイレの便座を替えた話
at 2017-11-04 19:44
EPSON の廃インク吸収パ..
at 2017-04-05 15:31
ハードディスクの容量確保で散..
at 2016-11-29 09:29
Windows 7のCドライ..
at 2016-07-23 11:27
相方、Instagramにパ..
at 2016-07-22 15:24
記事ランキング
ブログジャンル