S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

天才刑事 野呂盆六  ~スワンの涙~

by dugong156 | 2007-06-14 00:04 | テレビ
見ました。野呂盆六。今日何日だよと言いたくなりますが、やっと見ました。

土ワイの野呂盆六さんは、年を取った割りにキビキビした感じのおじさんでした。でも訛りを聞いた時は嬉しかった~♪ でも謎解き時には京都迷宮案内に変身していました。(笑) 何となく、TBSのそれを意識して微妙に違えたのかなという印象です。ちょっと洗練された感じに見えました。袋を使って鈍臭さを演出していたけれど、普通じゃない感は、そう強く感じませんでした。ほかの人と絡んでの間合いの悪さとか、息が合ってなくて笑えるというような部分があんまりなかったから、そう思ったのかもしれないし、ほかの刑事さんもそれほど抜けてるという印象がなかったし‥‥。(バッグ持たされた時くらいかな)

素人目から見ると、演じた橋爪さんはさぞや難しかっただろうなぁと思ってしまうけど、実際はどうなのかな。ご本人はTBSで演じた時の野呂盆六をあんまり意識しないで演じたんだろうか???



出演者


橋爪 功

感想


先日、4月半ばに録画していたBSの再放送の【野呂盆六 ~完全犯罪の女~】を観た後だったので、余計にかもしれませんが、かなり物足りなさが漂いました。キャラクターには文句はありませんが、ストーリーとして納得が行きませんでした。

いや、最初は厄介払いなのかなと私も思いましたよ。和沙と同じような気持ちで見ていました。指輪を渡す場面を見るまでは。あれが何というか‥‥殺人の動機の説得力を弱めてしまった気がします‥‥。だって勘違いですよ‥‥。その勘違いがあまりに納得いかなさ過ぎるんです。

楢生のことを考えてみても、母親の指輪――いわば形見です。あの指輪を渡す場面の楢生の言葉から、どうでもいい品だとは思えません。貧しかった頃、夫から買ってもらった指輪――ずっと持ってたことからも、大事にしていただろうということは分かるし、そういう母親の看病は、決してほかの人にはさせなかったということからも、母をどのくらい思っていたか分かるというもの。つまり、「ただの安物の指輪」ではないと思うんですがね‥‥。楢生は、母の形見の指輪を、厄介払いしようとする女性に対して与えるような男なのか???

一方、和沙をとってみても、20年間です、20年。親より長く一緒にいるかもしれないと言っても過言ではない長さ(実際、高校を出て18からだったという話が出ていたのでそうですよね)、楢生鴻介の担当をし公私に亘って尽くし、時間を共有してきたのに、口下手な楢生の性格を知らなかったというのは有り得ないし、一歩譲って、自分に対する愛情に確信をもてなかったとしても、指輪の重みは分かりそうなもの‥‥。それを譲り受けるということの意味を考えない女なのか??? それとも非常に打算的な(お古の指輪なんかと思うような)女なのか???

楢生とその母と3人で出かけた後の和沙の顔は幸せそうだったと、お手伝いさんが言っていることからも、勘違いを起こさせるためのパーツが余りに少なすぎる気がする‥‥。もっととんでもない間の悪い偶然や、打算がないと‥‥。

例えば、新しい担当が楢生にベタベタくっつくような若い子で、形見の指輪をねだったりして内心困っていた楢生が、断る口実として言った言葉が「古臭い指輪は君には似合わないよ。こんなお古よりも新任さんにはもっと新品で今風の洒落たデザインの指輪をあげよう」で、それが偶然聞こえてしまったとか‥‥。

和沙は楢生のことを愛していたと思うので‥‥指輪の意味気づかんかなぁ???
指輪が冒頭では出現せず、「最後に開封された遺言書」じゃないけど、非常にベタな展開で「驚愕の事実」が最後に明かされる――のなら、何も知らなかった和沙が先走ってしまったというのも、理解出来なくはないんだけど‥‥。
---追記---(2007/06/15(金))
床島さんの手袋加える仕草は気に入ったシーンの1つ。「グズでノロマな亀です」のスッチャデス物語の片平なぎささんよりも、美味しそうにくわえてた‥‥。(手袋があんなに美味しそうに見えたのは初めてだ)
でもやっぱり指輪が引っかかる。(しつこいな、私も)
原因は分かってる。殺す方も殺される方も「いい人」過ぎるんだ。「打算」や「傲慢」などとは無縁にしか見えない。殺す側もがもっと地味で暗くて、楢生に異常なくらいの執着を持っているような女性だったり、殺される側が20年飼い殺しにしてポイッするような人物だと思えたなら、殺人への流れが納得できる気がするんだけど‥‥。和沙が鈍感でアホな女と思うためには、かなりの脳内変換が必要だ‥‥。(私には無理)
いや、そもそも鈍感でアホな犯人は盆六さんの推理など必要とせんだろうなぁ。その辺もどうもスッキリしない所なのかな‥‥。

ただね、1つ1つのシーンは結構好きなのが多い。そう、流れ考えなければいいシーンが多い。
床島さんの踊って笑うシーンは狂気じみてて迫力あった。怖い顔に変化する様も上手いなぁと思って見てた。最初の方で盆六さんが自転車借りて走るシーン――建物との間から覗いたみたいな――あの撮り方も気に入った。小道具のシールは、個人的に思い出があるので笑ってしまったし、密売人を打つシーンもハードボイルドな感じが強く出てていいなと思ったし。楢生を撃つシーンは、手を添える――でもゴム手袋をしてる――触れてるけれど、離れてる心の象徴みたいで印象的だったし、台詞にも色気感じた。

唯一気に入らなかったのは、アブクマのコケ方くらい。
[PR]

私の人生無駄ばかり…そんな日々。
by dugong156
タグ
検索
最新の記事
TP-LINKの無線LANル..
at 2017-12-11 08:57
トイレの便座を替えた話
at 2017-11-04 19:44
EPSON の廃インク吸収パ..
at 2017-04-05 15:31
ハードディスクの容量確保で散..
at 2016-11-29 09:29
Windows 7のCドライ..
at 2016-07-23 11:27
記事ランキング
ブログジャンル