S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事

カテゴリ:映画など( 61 )

地中海殺人事件の冒頭の死体の鼻、動いてますね‥‥

by dugong156 | 2011-01-14 12:07 | 映画など
9/15は、アガサ・クリスティの誕生日だそうで、この時期になるとよく作品を一気に放送してたりするんだけど、去年は誕生120年かで、BSで「アガサ愛の失踪事件」なんかも含めて豪華に放送してましたな。(テレビ映画の方もやって欲しかったなぁ。ミスマープルの古い方)

まとめて録画して、未だにメディアに移動させてないんだけど、今まで見てたのもあるからずっと放ったらかしになってたのを、ふと、思い出して昨日から『ナイル殺人事件』、『地中海殺人事件』と続けて見てる。

『地中海殺人事件』を見出した時、冒頭で女性の遺体が発見され、そのシーンが結構寒そうで、(白い肌の人によくあるけど、鼻の部分とかがピンク色になってる状態だった)《死体役の人も寒そうだなぁ》なんて考えながら見てたら‥‥

小鼻が動いた‥‥(◎_◎)。
動きました。こういうのを残しておく製作者側の姿勢が‥‥好きだ‥‥(笑)。まぁ演じた俳優さんにとってはどうなのか分かんないけど‥‥(* ̄▽ ̄;A。

それにしても、この作品、今まで見たことが何回かあったんだけど、地上波とかで見た時は、このシーンはカットされてて無かったのかな‥‥それとも気付かなかっただけか‥‥?

ハリーポッターの校長先生(校長は違うか、男の人だ)だったか、学長だったか(上の方の人)、女優さんも出てるし。(調べた――マギー・スミスだった。副校長だった。この人、ナイル殺人事件にも出てた)最初の頃見た時には知らなかったけど、今は知ってる俳優さんがいると、古い作品を見ると面白い発見があったりしますな♪
あと、冒頭に出てくる、誰かを騙したって非難しに来たのかってポワロに噛み付いてた人(ホレス?)と、ポワロと一緒に船に乗ってた髭生やした人(ケネス)は、確か『オリエント急行殺人事件』に出てた人に似てるなぁと。後で調べてみよう。

ホレスはコリン・ブレイクリー。ケネスはデニス・クイリーだった。
やっぱり2人とも出てた。
[PR]

『ホリデイ』

by dugong156 | 2010-11-16 00:52 | 映画など
10月25日にBSで『ホリデイ』という映画をやっていたので録画しておいたのを、この前やっと観た。

ホリデイ (映画)(in Wikipedia)

キャメロン・ディアスが出てるし、きっとコメディだろうなと勝手に決め付けて。映画を録画した時は、何気なく先に検索してしまうことも多いんだけど、この映画は何も情報無しで見始めた。で、好きな映画の1本になった。勿論、最後はハッピーエンド♪(* ̄▽ ̄*)♪

傷ついた心を癒すため、2週間だけ家を交換することになった2人の女性が、見知らぬ土地で素敵な出会いをする。「ロマンティックコメディ」――と書いてあるけど、そこにはそれだけじゃなくて色んな要素が詰まってるから、ロマンティックコメディと言い切ってしまうには勿体無い気がする。

キャメロン・ディアスとケイト・ウィンスレットがキュートで、ジュード・ロウが格好いいのは勿論だけど(好みだ)、イーライ・ウォラック(as アーサー)も素敵だし、ジャック・ブラック(as マイルズ)もどんどん素敵に見えてくる。

人は人との繋がりで右へ左へ前へ後ろへ‥‥迷ったり突き進んだり時に立ち止まったり。でもそれは誰にでも起こることで、何も恐れることはないし、悲観することもない。何かを求めて動こうとした時、そこには新しい出会いが生まれ、きっと何かを見つけられる。前へと進む力になる。

何かね、元気になれる素敵な映画だった。

出演者Wikipediaページ

[PR]

ウェディング・プランナー

by dugong156 | 2010-10-11 11:37 | 映画など
ジェニファー・ロペスとマシュー・マコノヒー主演のラブコメディ(Wikipedia
によるとロマンティック・コメディというらしい。知らなんだ)『ウェディング・プランナー』をBSで放送していた(BS朝日で2010/09/18(土)放送)のを録画してかなり経ってから観た。


ジェニファー・ロペスの出ている作品ってよく知らなくて、先に見た相方に聞いたら「ハッピーエンドだ」とのことなので、勇気を持って視聴(やっぱりねぇ、恋愛物はハッピーエンドじゃないと)。

なーんにも考えずに見始めたんだけど、ジェニファー・ロペスって人は、なかなか面白い演技をなさる。表情も豊かだし、動きも時にコミカルで、結構笑える。冒頭の結婚式のシーン、アクシデント発生で、見えない所で小走りしてるその動きが妙に気に入ってしまった。こういう演技をする人だったのか、何かイメージと違うな。マシュー・マコノヒーが嫌いではないのと、コメディっぽいので録画したんだけど、正解だった♪(あーShall we Dance? は観たっけ。忘れてた。それの印象があったからかな←ジェニファー・ロペス)

観ていて気付いたんだけど、メアリーの仕事場の経営者の女性は、『天使にラブソング』をの丸い太っちょのシスター(キャシー・ナジミー)だった。あの少し寄った目と高い鼻、クルクル動くお目々、イーッてしたような感じの口元の動き、左右に揺れながら喋る――どこかで見たような‥‥とジーッと見てたら彼女だった。痩せましたな。『天使に‥‥』から8年経っているので、色々調節はなさっただろうが、印象が全然違う役なので、面白いなぁと思いながら見てた。役者だねぇ。


マシュー・マコノヒーの出演映画も数本しか見てないけど、個人的には『サハラ』に出てた時が好き。髭が生えてて少しワイルド。
[PR]

ダイハード4.0を見てたら

by dugong156 | 2010-01-05 10:55 | 映画など
1/3(日)の日曜洋画劇場で「ダイハード4.0」の放送があって、録画したのを見ていたら(見てないと思ってたら前に見てた)、序盤から出てくる悪役のスナイパー‥‥「アルティメット」に出てる刑事役の人じゃないですか! 髪の毛あると印象が違うもんですな。

【Wikipedia】シリル・ラファエリ
[PR]

4/6(月)pm11:00~am1:09 BS-hi「オリエント急行殺人事件」

by dugong156 | 2009-03-23 10:47 | 映画など
テレビを付けたら、たまたまNHKBSになっていて、番組の宣伝をしてた。
4月6日(月) にハイビジョンシネマで「オリエント急行殺人事件」を放送するらしい。
■ハイビジョンシネマ オリエント急行殺人事件(NHK BSオンライン)
1974年・イギリス MURDER ON THE ORIENT express
4月6日(月) 午後11:00~午前1:09
http://www.nhk.or.jp/bs/genre/movie_7later.html#200904062300

録画しよう。

個人的には名探偵ポワロはデビッド・スーシェが1番だと思ってて、次は映画化されている作品で見かけるピーター・ユスチノフ。
デビッド・スーシェは風貌からしてポワロそのもの。彼のすごいのは、幾分偉そうな部分だけの誇張で終わらず、キュートさまで吹き込んだ所だと思う。そう、彼のポワロはキュートなのだョ。熊倉一雄さんの声で有名。そっちもすごく好きなんだけど、字幕で楽しむのもいい。キュートさがだいぶ増す。熊倉さんの台詞と字幕とはイメージが違って映る。1粒で2度美味しい。ピーター・ユスチノフは大柄な分、原作とはちょっと違うと言う人も多いと思うけど、一筋縄でいかない頑固なじいさんという感じがにじみ出てる所が、結構好き。

話が逸れた。

映画「オリエント急行殺人事件」で一番残念なのは、肝心要のポワロが上品さに欠けることだったりするけど(変なに細かそうで品が無い感じがする。それに横柄な感じ)、それに目を瞑れるくらい、この作品はすごく好き。見るまではポワロの風貌にかなり拒否反応を示し、実際初めて声と演技を目の当たりにした時は、かなりの衝撃を受けた私も、見終わったら「まぁいいか、これはこれで」と。

誰もが目立ちすぎず埋もれすぎず怪しく謎を振りまく。誰も彼も、そしてポワロまでも怪しげ(笑)。最後まで飽きさせない。

楽しみだな♪
[PR]

プレステージ(【注】ネタバレ含)

by dugong156 | 2009-03-22 22:51 | 映画など
DVD レコーダーを買った時に付いてきた WOWWOW の1週間無料視聴の時に、「プレステージ」を録画した。解説の木村奈保子さんの言葉通りに何度か見直している私。(木曜洋画劇場に出ていた時に彼女を知った。知性がにじみ出てで結構好きな方。「あなたの心には何が残りましたか?」〆の言葉)

ヒュー・ジャックマン
ロバート・アンジャー
クリスチャン・ベール
アルフレッド・ボーデン
マイケル・ケイン
ハリー・カッター
スカーレット・ヨハンソン
オリヴィア
デヴィッド・ボウイ
ニコラ・テスラ
アンディ・サーキス
ミスター・アレイ
パイパー・ペラーボ
ジュリア
レベッカ・ホール
サラ
リッキー・ジェイ
マジシャン

以下ネタばれ注意。

以下ネタばれ注意
[PR]

日曜洋画劇場『ジュラシックパークIII』

by dugong156 | 2008-08-04 00:30 | 映画など
まだ一度も見たことがなかったので、「日曜洋画劇場さん有り難う」だった。

それにしてもまぁ、毎回毎回リアルですな‥‥。夢に出てきそう。
人がどんどんやられていくのはホラー映画並みではないものの、ショック度小さ目のホラーじゃなかろうかと、ちょっと思ったりもするくらい、心臓にはよろしくない。

消えて欲しくないキャラが消えるとちょっと悲しい。

参考:ジュラシック・パークIII - Wikipedia
天使にラブソングを2にも出ていた方(敢えて名前は伏)、亡くなってたとは‥‥今日調べるまで全然知らなかった。
Wikipediaのその方のページ海外映画俳優マガジンのその方のページ
[PR]

まだまだ先だけど

by dugong156 | 2008-04-30 08:07 | 映画など
GyaO で映画の最新予告編があるけれど、いつも知らん顔してるんだけど、今日は目に留まった。

『インクレディブル・ハルク』『アイアンマン』。どちらの主役も格別好きという訳ではないけれど、面白そう。どちらもコミックかららしい。

併せて暫くチェックしてなかったので GyaO の映画もチェック。未公開作品で見たいのがあったけど、明日で終わっちゃうから早めに落としておこう‥‥。
[PR]

16ブロック

by dugong156 | 2008-02-24 12:07 | 映画など
この間借りた DVD の1本。

CAST


ブルース・ウィリス
ジャック・モーズリー
デヴィッド・モース
フランク・ニュージェント
モス・デフ
エディ・バンカー
ジェナ・スターン
ダイアン・モーズリー

エンドロール見るの面倒だったので、公式で拾ったここまで。

感想


序盤はかなりキツい展開だった。
こういうのはあまり神経的によろしくない。どんどんどんどん追い込まれていく。誤解が誤解を呼び、誤った情報が周囲へ拡がっていく。怖いよー。でも頑張って見た。

追う側追われる側の繋がりが、対立だけじゃない所がいい。単純に善対悪と言い切れない所が深いなぁ。人間、良い面だけでも悪い面だけでもないから。
ハラハラさせられる展開の中に、デヴィッド・モース演じる所のフランクと、主人公のジャックとの20年という繋がりが時々見え隠れする。

DVD にはもう1つのエンディングというのがあって、これも結構よかった。寧ろ、ラストのエディの台詞はこちらの方がジーンと来た。ただ、エンドロールの時の音楽は、やはり公開されたもの用に相応しい曲調だったから、ちょっと合ってなかったけど。

エディの人、『ショウタイム』に出てたらしい。DVD あるから後でチェックしてみようっと。

[PR]

カジノ・ロワイヤル

by dugong156 | 2008-02-19 22:39 | 映画など
ピアース・ブロスナンが大好きなので、主役が彼じゃなくなったと聞いた時は結構驚いた――というより、ショックだった(笑)。もっと見たかったのにな。でもこの作品を見て、ダニエル・クレイグも悪くはないなと思った。ただ粋とか洗練されてるとか、そういう雰囲気はブロスナンの方がある。

007シリーズに原作があるなんてことを全然知らなかった。

おまけに、この『カジノ・ロワイヤル』が第一作の映画化だとは知らずに見始めたので、序盤のジェームズ・ボンドの雰囲気があまりに今まで見てきたものと違っているのに驚き、かなり戸惑ってしまった。途中で調べたりして、多少見方が変わったけど‥‥。

ジェームズ・ボンドというと、女好きな(笑)ウィットに富む会話の出来るお洒落な男――と思っているので、そういう点では桁外れに予想外であった。あまりの違いに慌てて Wikipedia を読んでみた。

原作一作目ということで人物像もまだ固まっていなかったらしい。その後のボンドとはちょっと違うのだとか。そうね、そんなに紳士的ではないし、結構乱暴。その状態を忠実に表現しているということらしい。ジェームズ・ボンドがその地位を確立する少し前のお話なのね。

非常にハードボイルドな作品。加えてスパイ“アクション”だなぁと。アクションは嫌いじゃないけれど、度が過ぎると洗練された感じが低くなってしまうような気がする。冒頭のアクションシーンなんて結構生々しい(正確には暴力シーンというのだろうか)。今までの作品を全部見たわけじゃないけど、血にまみれるってあったのかな? この辺り、バランスが難しいんだろうなと思う。

主役のダニエル・クレイグは、ちょっと暗そうな感じにも見える。ただ、話が進むにつれ時折見せる微笑みが結構キュートだなと思った。フフフと笑える演技が出来るのかな‥‥この人。“たらし”のジェームズにはなれると思うが‥‥。真顔で面白いことを言うピアース・ブロスナンが好きな私に、今後このダニエル・クレイグのボンドがどう映るのか、ちょっと興味が湧く。それに、この作品で悲しみをしっかりと描写して、かなり人間臭いボンドが出来上がっている訳だけど、これがどう変化していくのか、それともそんなに変わらないのか、その辺もすごく興味がある。彼の演じる“この時”以降のボンドが早く見てみたい。

ロマンス的なものについては、ハッピーではないとだけ。そこがあまり好きではない所。まぁ、これがないと先(今後)に進めないので仕方ないけど(苦笑)。
事象として9・11の話が出てくるので、他のストーリーも今後映画化していく気満々――と捉えたけど、それでいいかな。そういう点でも今後の作品が待たれますな。

これまでのボンドと同じだと見るか見られないかは、今後にかかってるのかなとも思う一方で、もしこれをピアース・ブロスナンが演じたなら、どんな風に演じただろう?とも思う。同じ人間として、古い作品のボンドと同じキャラで演じるだろうか? 実際には、人間性なんてものはそう簡単に変わるとは思えないので(というか、このことで後の変化があんな風とはちょっと…と思うし)、そういう変更も有りかと思う。でも彼なら、お洒落な会話はそのままに、少し乱暴なボンドを演じるかもしれないなぁ。ブロスナンのこの作品も見てみたい。

違うスタイルのボンドという見方を今の所はしておく方が無難かな。スパイアクションとしては、普通に楽しめたし、ダニエル・クレイグは素敵だった。
[PR]
      

私の人生無駄ばかり…そんな日々。
by dugong156