S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事

<   2006年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

古い録画ビデオを整理する

by dugong156 | 2006-08-27 23:44 | テレビ
独り暮らしをしていた時にテレビを録画したもの(VHS)を、いくつか持ってきてそのままになっていたので、市販の VHS を見ていた流れで、こちらも整理しようと久しぶりにケースを開けてみました。

2時間ドラマでは、「伊藤かずえ&露口茂(とのおか~~!みどり&ちくぜん)のシリーズ」が2、3あったので、それは HD に移して DVD に残そうかなと思ったけれど、それ以外はこちらに来てから もう8年――その間にこちらで放送されて、既にHD → DVD に録画していたものもたくさんあって、ほとんどが今となってはただケースの場所を取ってるだけになっていました。あらま。録画用の生テープ買いに行く手間が省けたってところでしょうかね、綺麗に録画できるかどうかは別として‥‥。

古畑任三郎のセカンドシーズンのがいくつか‥‥。
ゲストが明石家さんまさんの回のと、壷のヤツ‥‥。

ほかに、MBS放送(大阪のTBS系)の深夜に放送された、ミス・マープルが数本。
おお、これはもったいないから残しておこう――と思わず再生。やっぱりいいですな~~ミス・マープル。勿論、名探偵ポワロもいいです。そういえば、ポワロも3倍で録画ですが6回分を録画したのが1本ありました。

吹き替えは山岡久乃さん。上手い女優さんは吹き替えも上手いんだなぁと思ったものです。ネットで検索したら、DVD ボックスの1と2が今年に入って出ていました。おお~いい感じで検索したもんだ。安い所では18,000円くらいで売られているみたい。うむ‥‥お給料入ったら買おうかなぁ。全部録画できた訳じゃないし‥‥。

録画していたのは、【バートラムホテルにて】【パディントン発4時50分】【復讐の女神】【カリブ海の秘密】で、ボックスに入っているのは各6ストーリーずつで、どちらかに特典で30分のドキュメンタリーが1枚付くみたいです。つまり半分満たない‥‥うむ‥‥ほかのも見たい。

【ポケットにライ麦を】も見たい‥‥。単品でも出ているようなのでそれだけ買うという手もあるけれど‥‥。

このテレビ映画、軽快な音楽と雰囲気が魅力ですが、イギリスが舞台だけあって、お茶の時間のシーンが所々で出てくるのもとても気に入っています。(ただ食い意地が張ってるだけか‥‥^^;)
少し大きなカップを見かけると意味もなくワクワクします。(大きなカップ好きの私)

さてと、ダビングダビング‥‥。
[PR]

ファミリー・ゲーム/双子の天使

by dugong156 | 2006-08-23 23:26 | 映画など
BS で放送があったので、あまり深く考えずに見始めましたが、よかったです♪

時間では2時間ちょいですが、たっぷりしっかり見たなぁというのが、見終わった時の身体に感じた印象。でも、オープニングのクレジットの部分が結構長いなぁと感じた以外は、全然退屈はしませんでした。気持ちよく笑えて、ハッピーエンド。いいんじゃないの~♪ やっぱり映画は気持ちのいい終わり方の方がいいなぁと思わせてくれます。

当時のCMで見たのか、それともビデオに付属しているCMで見たのか、その辺がはっきりしませんが、兎も角「見たいなぁ」と感じた映画ではあったはずなんですが、ただ、ずっとそのことを忘れていて、見始めて暫くして、「ああ!これかぃ!」と気づきました。衛星放送に感謝感謝。

主役のアニーとハリーの双子ですが、エンド・クレジットが流れるまで、てっきり本物の双子で撮影したのだと思っていました。知っている人は知っているのでしょうが、何しろ全然見たことがなかったので、何の知識もないまま見てそう感じていました。まさかリンゼイ・ローハンという1人の女の子が演じているなんて‥‥。あまりに自然な演じ分けでただただスゴッ!

個人的にはアニーの家の執事(サイモン・クンツ as マーティン)とチェシー(リサ・アン・ウォルター:【Shall We Dance?】 ハリウッド版の渡辺えり子さんに対応する役を演じていた人)が気に入ってしまいました。いいなぁいいなぁ。

最後がハッピーエンドというのもありますが、善悪が分かりやすいのは、やはり気持ちがいいですね。水戸黄門ライクで‥‥。
(* ̄▽ ̄*)はは♪
[PR]

可哀相なミラ

by dugong156 | 2006-08-19 08:27 | 日記
最近、我が家ではMy Car をミラベンツと呼んでいます。
(* ̄◇ ̄*)ホホホ♪
ベンツのオーナー様に叱られそうですが。(いやいや、ベンツに乗られている方ならきっと心の広い方ばかりでしょう‥‥)

現在のデザインになる前のミラバンです。
この子には悲しいジンクスがあります。

ワックスをかけると雨。

悲しい‥‥あまりに悲しい‥‥。

マンションですので、水がね――近くにないものですから、家で綺麗にするとなるとバケツで運ぶしかありませんの。結構面倒くさがりの私としてはたまに濡れ雑巾で拭いて、軽く液体ワックスで仕上げるのです。泡泡で埃を落とす方がいいのは分かっているのですが、小さな傷を気にするようなタイプの車でもないからまぁいいかなと。

それなりにつやつやになって、
「ふぅ~。できた♪」
と喜んで家に戻ると翌日‥‥ザーー!!!おまけに雨の強さが普通じゃなかったりする。

何か、あまりに重なるので、私が「車を拭こう!」と思うのと気圧とに何やら関係があるのではと変な推測までしてしまいます。

ただ私が拭くのがいけないのかとずっと思っていたら、相方が拭いた次の日にまで降ったので、どうやら私に憑いているものではなさそうです。ミラベンツ――そうかお前か‥‥。
先日のおちょぼ稲荷もそうでした。結構すごい降り方だったので、とうとう相方も「出かける前にはわしは拭かんぞ」と言いだしました。

可哀相な My ミラベンツ‥‥。私が拭いたげるからね。たまにだけど。
[PR]

相方、不安になる

by dugong156 | 2006-08-14 19:23 | 日記
おちょぼさんに行って、びしょ濡れになった話は別記事に書きましたが、お陰で帰りはその状態で車に乗る羽目になりました。

以前、2時間ドラマで「水に濡れた状態で扇風機を当てておくと夏でも凍死する」というのを利用した殺人の時間トリックがありました。まぁ現実に可能かどうかは知りませんが、そこまでは行かないにしても気化熱によって温度が下がるのは、打ち水などでも分かるとおり。

帰りに、濡れたままではいけないだろうと、どこかでTシャツを買おうかとも言ったのですが、大丈夫だとの一点張りです。窓まで開けていたので、何度も相方に寒くないかと確認したんですが、これまたさっきと同じ。本人が寒くないというので、帰るまでなら大丈夫かな――そう思ったのが悪かった。

夜中に相方に起こされてビックリしました。
わき腹~腰が痛いというのです。骨折や盲腸などはやったことがある相方ですが、ぎっくり腰はやったことがないのでどういうものかも分からないし、内臓系統の病気とも縁がないのでその手の痛みなのかどうかも区別が出来ない始末。痛みの説明を本人が出来ないというのも非常に厄介です。

小さなプレハブの軒下では「雨宿り」にならなくなってきたので、慌てて公衆トイレに駆け込んだ時に、どうやら捻ってしまったのかもしれません。かなりきつい横からの雨でしたから、片側だけが痛いのはそのせいかなとも思えます。でもはっきりとは分かりません。

横になっても痛いと言います。
さすったり、湿布を貼って多少は落ち着いたものの、可哀相に目が泳いでいます‥‥。普段は陽気な相方ですが、年齢の所為もあってか病気などで不安になると途端に落ち着かなくなってしまいます。神経痛や小さな病気でちょくちょくお医者さんに行っているような人は、逆にこういう時には強いのかもしれませんね。もう完璧に神経が参っちゃっているのが分かりました。

今はほとんど使いませんが、睡眠導入剤を少しお医者さんからもらってきています。眠らなきゃいけないのに興奮して眠れないとか(撮影会に出かけるときなど遠足前日の子供状態で、眠れないことが多い)に使いますが、それを半分だけ飲みました。
でも効かなくてですね‥‥(* ̄▽ ̄;A

薬の不思議、人体の不思議ですよ、皆様。薬以上に身体の状態が勝っていると、効くものも効かないもんなんだなと、つまり、薬の効能を打ち消してしまうくらいのものが出てしまうのではと、改めて思いました。人間の身体ってすごい力があるものなんだなと。

ジッとしていられなくはなり、「歩けば落ち着くかもしれない」と言うので、一緒に付いて行きました。途中で吐きそうになったりしていましたが、少し落ち着いたようです。

それから家に戻ったのですが、吐き気が止まらなかったようで、強制的に吐いておりました。可哀相‥‥。でも歩いた分、疲れたのか昼近くまで眠っておりました。私もいつの間にかウトウト‥‥。

次の日は親戚の人達と本当はお墓参りの予定だったんですが、こんな状態ではどうなるか分からないのでご無礼しました。それでも日が高くなる頃には元気になっていました。勿論、横になっても普通に眠れていましたし。

治った!と喜んでいた相方ですが、夜になってまた少し痛くなって、さぁ大変! もう不安が止まりませんから、夜12時くらいでしたが、近くに救急病院があるので行くことにしました。着替えて玄関まで向かった私に相方が振り向いて一言――

「もう痛くない‥‥」

‥‥( ̄_ ̄)‥‥ほんと?

「うん、痛くない」

‥‥( ̄_ ̄)‥‥ぜったい?
でもまた痛くなるかもしれないから行ってみた方がいいでしょ?

「でももう痛くない‥‥わしは別にお医者へ行くのが嫌で言っとるわけやないぞ!? もう痛くないんだぁ」

いや、別にそうは思っていなかったんだが‥‥そう言われるとそうなのかなと疑いたくなるではないか、相方よ。お主は子供か‥‥。
結局行かずにそのまま横になり、眠りにつく相方。ふむ‥‥治ったのならよいが‥‥。


次の日‥‥。
32型の液晶テレビの前で、ケロッとして井村屋のあずきバーを食べている約1名。

相方‥‥よかったね‥‥。σ Σ `)

冷えだったのかね?
そうなのかね?
捻ったのかな?
まぁ‥‥すぐ治ってよかったな、うむ。
[PR]

おちょぼいなりで雨に降られる

by dugong156 | 2006-08-13 15:36 | 日記
今日から4日間お休みなので、今日は相方とちょっとおでかけ。
お千代保稲荷に行ってきました。

私は行くのは今回が初めて。調べてみると、日本三大稲荷の1つだそうですよ。結構すごい神社なんですね、全然知りませんでした。


八百屋さんやお土産物屋さん、食べ物屋さんが細い道の左右に並んで、お稲荷さんまでの流れを作っています。私がこういう所へ来たがるのは、食べ物目当て以外の何ものでもないのです。今日も色々食べるのを楽しみにしてやって来ました。氷あんみつも食べたいし、ソフトクリームも欲しい、みたらしもあったし、前にお土産でもらったヨモギ餅も美味しかったし‥‥。

でも取り敢えずはお参りをしないといけません。
お稲荷さんの入り口で、三角の油揚げに紐のついたものと小さな蝋燭1本を30円で買い、お参りを済ませました。油揚げを入れる箱の下に白猫がいました。色が白というだけで何だか神様のお遣いみたいに思ってしまいます。ただの偶然だとは思うけれど(?) その後、近くのちょぼ蔵という、うどんや串かつのお店へ入りました。讃岐うどんの文字が目に入ったので、ちょっと食べたくなってしまって。そういえば、相方はお昼に家でお蕎麦を食べたけれど、私は小さいスティック状のパンを2本食べただけでした。私のお腹がその程度で持つはずがありませぬ‥‥。

突き出しとして、お味噌とネギを刻んだものを出してくれました。所謂肉味噌というのかな、挽き肉が入った少し甘めのお味噌で、ご飯に付けたりきゅうりなんかに付けて食べたら美味しそう。お店でも売っているとのことで宣伝も兼ねているのでしょうが、美味しかったので1パック買って帰ることにしました。串かつもやわらかくて美味しかったです。私はざるうどんを食べたんですが、コシがあって美味しかったです。私にはちょっと量が少なかったけれど。(笑)

今日は雲行きが少々悪くてひょっとしたら降られるかなぁとは予想していたのですが、お店の中にいる間にどんどん空が暗くなり、怪しいどころか完璧「来るな」という状況に。お店を出て、駐車場まで行こうと急いだのですが、なんと出た所は反対方向の駐車場。あらま。

料金を徴収するような場所と思しき建物の軒下で雨を凌いでいたんですが、雨脚はどんどん強くなり、仕舞いには横殴りの台風の時のような雨になってきてしまいました。軒下なんか何の役にも立たない状況になってしまったので、50mくらい離れた所にあった公衆トイレに逃げ込みました。もう既にビショビショ‥‥。靴の中は床下浸水状態でした。勿論、服もビショビショ。水も滴るいいカップルが1組、公衆トイレで雨宿り――ぽつん‥‥。ちょっと不安。

公衆トイレで雨宿りしている間、辺りを見渡すしかなかったのですが、向こうの方で雷は落ちまくるわ、近くのお店の灯りは消えるわ、最近では珍しいくらいの激しい雨でした。トイレの建物の中にまで吹き込んでくる勢いで、よくよく見ると量は多くないものの雹まで含んでいます。

最近では停電しても、かなりのスピードで復旧してしまうものですが、2回目の灯りが消えてからはなかなか電気が点きませんでした。後で知ったのですが、ナゴヤドームでも停電したらしいです、試合中ではなかったらしいですが。かなり局地的な雨だったんですね。家に帰ってみると、ベランダの洗濯物は無事でしたし、1階の駐車場の床の建物の内外の濡れた部分とそうでない部分との境目は、内側に大きく入り込むわけでもなく、綺麗にくっきりと分かれていました。洗濯物が無事だったのはラッキーでした。

それにしても、恐ろしく激しい雨でした。お稲荷さんにヤキモチやかれたかな??? 出雲大社はカップルで行くものじゃないと聞いたことがあるけれど、稲荷神社は?

でも、帰りに駐車場から出て来た方向に向かって車を走らせたつもりが、なぜか南へ向かっていて、全然見当違いの方向へ。あれは不思議でした。行きは、真っ直ぐ来て左にあった駐車場へ入ったと思ったんだけど‥‥。何だか狐につままれた気分。
[PR]

クローサー

by dugong156 | 2006-08-12 09:24 | 映画など
木曜洋画劇場で【クローサー】という映画を放送していたので、最後まで観ました。冒頭をを見損ねましたが。原題は【SO CLOSE】だそうです。

最初の辺りの暗殺の部分から観たんですが、ザ・カーペンターズの音楽と撃ち合いのシーンという取り合わせが何だか妙に気に入ってしまいました。上手くいえないけれど、心地いいアクションシーンだったなと思います。(銃撃シーンに心地いいというのも変ですが) 妹が司令塔の役目をするのですが、その指令が心地よさにドキドキ感もプラスしていいなと思いました。もっとああいうシーンをたくさん見たかったです。とても印象的でした。

内容的に少し暗い感じなのと、個人的にえ!?という展開があったので、手放しで面白かったというわけにはいきませんでしたが、もう1回観たいなとは思います。

お姉さん役のスー・チーという俳優さんがとても素敵で、調べてみると【トランスポーター】という映画にも出ているようです。GEO で借りようかどうしようかと思って結局そのままになっている映画なので今度借りてみようかな。
スー・チー -- Shu Qi のフィルモグラフィ - allcinema ONLINE
[PR]

1人減り‥‥

by dugong156 | 2006-08-12 09:04
仕事場にちょっと早めに行って、タイピングの練習をして、同期の2人を見かけて挨拶をしたらいきなり、
「やめるんやって~」
と同期のAさん。

聞けば、同じく同期のBさんが辞めるのだそう。非常に呑み込みも速く、動作も速くて、一番の有望株なのに‥‥。

「あ~た、『どうでもええのが残って‥‥』と思われるがね‥‥。」
と思わずBさんに向かって言ってしまいましただ。いや本当、正直な気持ちでして。

正社員の就職口が決まったのだそうです。そりゃぁいくら長時間働けばパート扱いでも保険などは加入できるとはいえ、正社員の方がボーナスだってあるし安心なのは言うまでもないこと。特別な理由がない限り、やはりそちらを取るでしょうな。

ただ――気づいたらBさんはいなくなっていました。
今日の研修のスケジュールがたまたま同じだったAさんにメールアドレスと携帯の番号を託して。まだ就労時間のうちの一部を研修として使っている身なので、今日1日いても研修の時間が会社にとって無意味なものになってしまうということなのでしょうね。考えてみればそうなんですが、スパッと行くのねスパッと――という印象です。

不安いっぱいですが、頑張るしかないか‥‥。
[PR]

タカラヅカ

by dugong156 | 2006-08-05 22:44 | テレビ
宝塚って割と好きです。何となく、雰囲気が。
生まれてこの方、宝塚以外の舞台を見たことって無いのです。ああ、小学校とか中学校の時に学校で見たのはあったけど‥‥。そうはいっても宝塚自体もあまり観たことないんですが。

普通にテレビで舞台中継などがあっても、「見たい!」と思わないんですが、宝塚だと「見ようかな」って思います。今日、BSで2004年のものを放送していたので、観ました。
タイトルは【青い鳥を捜して】だったかな。何組かの男女の恋が絡んだ物語です。題名通り、あら幸せはこんな身近に――というお話。轟悠さんって、彼女がまだ出て間もない頃に舞台を見たことがあって、今ってどんな感じになっているんだろうと思ったのもチャンネルを合わせた理由の1つだったんですが、観てよかったです。年の所為かウルウルしてしまいました。それにしてもいつの間にか専科になっていて、おまけに宝塚歌劇団理事ですと! 私も年取るはずじゃ‥‥。
[PR]

講演・法話

by dugong156 | 2006-08-05 21:16 | 日記
「トマソン」を調べていたら、「講演」という言葉に出くわして、
「そういえば私、話を聞くのは結構好きだけど、講演を聞きに行こうなんて行動に出たことがないなぁ。」
と思いました。だからトンと縁がない。お寺さんで聞くような法話というのですかね、ああいうのは結構好きなんですが‥‥。

で、意味もなく検索。こういうサイトもあるのですね。
e-講演.tv
無料のもありますな。もちろん聞くには登録が必要ですが。


じゃぁ‥‥ということで「法話」で検索‥‥。


ヒット件数472,000 件‥‥全部が全部でないにしても、結構な数。
時々、覗いてみるのもいいかもしれませぬ。

人間の群れたがる心理を最大限に利用した宗教というのはあまり好きではありませんが、個を単位とした戒める手段・励ましの手段としての宗教にはとても親しみを覚えます。本来の宗教の形は、そういうものであると思いたい‥‥なぁなんて、思うんですが。
[PR]

トマソン

by dugong156 | 2006-08-05 15:53 | 日記
相方が写真を撮ってきて、
「こういうのをトマソンというのだ」
と言うので、「それは何なの?」と尋ねると、
「例えば、階段のない2階にドアが在るとか、開かないドアだとか、そういうのだ」
と言われたものの、今ひとつ解らないので、ちょっと検索してみました。

結論から言いますと、不動産に付着していて美しく保存されている無用の長物なのだそうです。

「トマソン」
(2006年7月12日 08:18 (UTC)更新分)『Wikipedia日本語版』
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%88%E3%83%9E%E3%82%BD%E3%83%B3&oldid=6597805

トマソンとは - はてな

人の名前が由来だと聞くと、なぜその人物だったのかという理由が知りたいと思うのが人情。



なるほどねという感じです。
生みの親の Wikipedia のページも併せてリンク。

「赤瀬川原平」
(2006年7月30日 23:11 (UTC)更新分)『Wikipedia日本語版』
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E8%B5%A4%E7%80%AC%E5%B7%9D%E5%8E%9F%E5%B9%B3&oldid=6886318


あと、「トマソン」生みの親のこの方は、「老人力」という言葉とも縁が深い方だそう。
そのことは調べていて知ったんですが、相方に訊いたら知っていました。あれこれ検索しているうちに、こんなページもヒット。
「老人力のひみつ」
トップページを調べたら、なぜかようこそ日本の山村へ(全国山村振興連盟ホームページ)でした‥‥。何でだろうと思ったら、下の方に公演内容を要約した旨書いてありましただ。あらそうですか。

「トマソンとは」で検索したら、こんなページを見つけました。
トマソンの中にも色々な分類があるらしい‥‥。写真もあって解りやすいので、リンクリンク。

[PR]
      

私の人生無駄ばかり…そんな日々。
by dugong156