S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事

<   2006年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

年末に風邪引いて歯も取れた

by dugong156 | 2006-12-29 23:34 | 日記
布団が薄いままだったのと薄着で寝たのとで風邪を引きました。(これを一般的に自業自得という) まぁ正月から風邪引くよりはいいでしょうかね。
葛根湯を飲んで、何とかマシにはなったものの、まだまだ本調子じゃありませぬ‥‥。私は明日が仕事納めなので、あと1日頑張りますです、はい。

少し前に前歯の詰め物がポロッと取れてしまい、今日歯医者さんへ行ってきました。そこは大抵待つことが多いんです。先生、お若いのにいい加減な事が出来ない人らしく、おまけに患者さんを断るということもあまりしないのか、いつも大抵15分は待たされます。今日も30分以上待ってやっと診察室へ入ることが出来ました。それなのに、なぜかいつも混んでいるのは、やっぱりちゃんと治してくれるからだろうなと、勝手に決めつけております。ご飯の時間も過ぎているだろうに、「今日で(うちが)終わりだから、今日付けるようにしますからね、でないと困るから」と時間が押しているにも関わらず頑張ってくれて、助手の人も慌ただしく動き回っている音を目を閉じて聞いていると、ああ、もっと早く来ればよかったのにと反省しました。うっすらと涙なんか滲んできたりして‥‥(年をとって涙もろくなった)。

最後に先生ひと言。
「気になる所はないですか? また何かあったら来て下さいね。」
何かある方がいいのか悪いのか、一瞬戸惑いましたが‥‥。
(* ̄▽ ̄;A
ずっと歯医者のお仕事そこで続けてて欲しいから、時々歯石取りに行きますからね、先生。
[PR]

ミス・マープル【書斎の死体】

by dugong156 | 2006-12-24 19:45 | テレビ
新しいマープルは、ジョーン・ヒクソンのマープルと比べてちょっと俗っぽい感じがします。それはそれで嫌いではなくて、【予告殺人】などは結構楽しんで見たのですが‥‥。この【書斎の死体】は正直ちょっとキツかったです。

話が少し退屈だったのもあるのですが、終盤、少女にマープルが話を聞くシーンがあって、その時少女が泣いていたんですけど、それを見たマープルの表情が何というかこう‥‥非常に冷徹な感じがしたんです。実際、少女に近づきそっと抱きしめるわけでもなく、ジッと見つめていました。笑っているようにも見える非常に不思議な表情。
向かい合った椅子に腰を下ろしたまま、尋問という感じの聞き方でしたし、実際警察に頼まれたことのようだったので、尋問を代わりにしたような形だったんでしょうが、マープルはそんなに冷たかったのかなぁと思いました。
[PR]

リビング・デイライツ

by dugong156 | 2006-12-18 00:30 | テレビ
ティモシー・ダルトンのジェームズ・ボンドはこの1本。チェロで雪山を滑り下りるシーンが妙に好きです。あんまり評判がよろしくなかったという話をどこかで見た覚えがありますが、私は嫌な気がしないんです、この方。単に顔が好きなだけかもしれませんが。

私が1番好きなのはピアース・ブロスナンでしょうか。真面目な顔して冗談を言う所が大好きなのですが、そういえばつい最近公開されていた(今も公開中なのかな?)最新作では新しい人だったんですよね。ビデオを楽しみに待っておくことにしましょう。
[PR]

年賀状やっと書けました

by dugong156 | 2006-12-18 00:21 | 日記
年賀状の宛名書きだけは手書きなのです‥‥。毎年これだけは頑張っております、はい。どうしても20日近くになってしまうんだなぁこれが。15日までに出して郵便局に協力したいと思っておるのですが‥‥。

せめてものお詫びにちゃんと郵便番号は書いております。当たり前か‥‥。

[PR]

私目線の【芋たこなんきん】

by dugong156 | 2006-12-17 14:21 | テレビ
何か料理教室始まりましたよ。(* ̄▽ ̄;A

2ちゃんねる情報によると(いやステラの情報らしいが)、毎週土曜日は料理教室になるのだとか‥‥。え~~~~。

今日の料理は鶏飯で、これに関しては何しろ健次郎町子の結婚式からのお付き合いだから納得がいくのですが、毎週という事になるとちょっと話が違ってまいります、はい。

ドラマの流れとして、例えば今後、亡き母の味を求めて町子と由利子がイシさんの指導の下、協力して料理を作るとか、そういうのならまだいいのです。でも飽くまでも流れとしてなら不自然じゃないと思うだけで、この曜日に入れますになると‥‥。ん~何か理由があるのかな。

今日は町子の所へ例の手紙の人がやって来ました。
部屋の外でそっと聞き耳を立てている健次郎がとても可愛くて、笑ってしまいます。國村さんは本当にキュートですな。恋心を抱いていた可憐な少女は実は妹の孝子だったというオチで(笑)、それをたこ芳で聞かされて腹抱えて笑うというリアクションが逆に生きるんだろうなと思ったり。それにしても、國村さんは本当に笑い上戸なのかと思うくらいに笑う演技をする時があります。それもまた楽しみの1つ。
[PR]

私目線の【芋たこなんきん】

by dugong156 | 2006-12-15 11:49 | テレビ
感想だけ書こうっと(* ̄▽ ̄;A筋書きかいてたら時間かかるし‥‥。
本当は細かい描写でいい所があったら後で読んだ時分かりやすいだろうなって思ったんだけど‥‥未だ未公開のままの記事もあることを考えると、素直に感想文だけ書いた方がよさそうだ。

今日は一真住職の八木沢さんとの密会(?)のオチと、孝子良美親子のことが解決するという流れでした。(ほ~ら1文で終わる(* ̄▽ ̄;A)

昨日からの流れでずっと孝子を見ていると、どうもすごく劣等感を持ってずっと生きてきているのかな‥‥そう思いました。何が出来ないということではなく、これといって何もない自分に対しての劣等感。町子が小説を書いていることをあまりよく言っていなかった頃も、少なくとも好きなことをずっと続けてきたことに対しては、ある意味羨ましさも感じていたんじゃなかろうかと。

何でも「主人に聞いて」というのは、そういう自信のなさの表れなのかなとも思えます。裏を返せば、何か一芸秀でているものがあれば、もっと自分を押し出せたのにという気持ちもあるのかもしれません。良美にピアノを習わせているのは、子供の頃に何か与えてくれていればという想いを実際自分が持ったからだろうなとも思います。

最後に町子が孝子を励ますシーンでは、「あんたの子供」という言葉が出てきました。
「何を言ってるの、血に勝るもんはないやないの」
自分たち姉妹のことも重ねているでしょうが、何より血の繋がりのない子供たちとこうやって過ごしている町子だからこそ、響いてくる言葉かなと思いました。

町子と孝子の対比が面白くて、どちらも理解できる。
どちらも決して間違ってるわけじゃない。ただ今回は少しだけ、家族の気持ちが見えなかった孝子に、少し反省する所があったのかな――そんな感じでした。

健次郎と孝子との関係は、まだまだ他人行儀(他人だけど)ですが、今回の一件で、少し打ち解けたのかなとも思います。話に出てきたクリスマスやお正月の描写があると楽しいのになぁ。

町子がしっかりと孝子を抱きしめるシーンはジーンと来ました。そう、やっぱり2人は姉妹ですね。お姉ちゃんは妹と妹は姉を大事に思っているのです。

で、たこ芳のシーン。
石田さん扮する住職の同窓会の写真が公開~。石塚さんばりの笑顔で写っている一真さんが何とも可愛い。大仏‥‥パシッ――の健次郎のツッコミも冴えてました。(絶妙だった)

孝子を見てると、子育てって難しいなぁって思います。
町子も孝子も子供の頃も状態から察するに、常太郎おじいちゃんや徳一父さんが箸をつけるまでは食べていなかったんじゃないかなと思うんですが、孝子はそれを良美に伝える事が出来ていない。

孝子自身がそのことを意識していなかったのかもしれませんが、親が自分が経験してきた・親からもらった大事な部分を、そのまま自分の子供に伝える機会が全てにおいて与えられるかというと、そういう訳ではないんだろうなという厳しい現実を見せられた気がします。

もしあの時孝子がその場にいたら、きっと良美を叱っていたかもしれません。きっとその時初めて娘に起こっている現実を知ることになったのかもしれないなと思いました。それもまた、親にとったらすごくショックなことですよね。実際、親御さんとしてそういう経験をした方もいるんじゃないかなと思います。ん~難しいですね、子育てって。

同窓会の写真のシーン。
写真を見せてもらう時の健次郎と町子が、頭くっ付けてもうすごくラブラブ状態に見えました。藤山さんを嫌いな人にはかなりのもんだったでしょうが(笑)、健次郎との仲のよさが分かって結構嬉しく思いました。

孝子が風呂上りの健次郎と居間で向き合うシーン。孝子はまだ健次郎に対してちょっと距離を置いた感じがずっとしていましたが、今回の良美の一件でちょっとだけその距離が縮まったような気がしました。
[PR]

ろ、録画が‥‥orz

by dugong156 | 2006-12-14 00:22 | テレビ
5日からだったか、衛星第2でポワロをやるって少し前に知ったのに、見事に録画するのをし忘れていました。で、7日だったかな、ミス・マープルの【予告殺人】は録画することが出来たんだけど‥‥。今日、録画できてると思って帰ってきたら、真っ黒だった‥‥家の HDレコーダー、テレビと連動してないから、レコーダーの録画予約とテレビの録画予約と別々にしないといけないのです‥‥。レコーダーは予約して、テレビの予約を忘れていました‥‥orz.....何てことだ‥‥。
連動してるやつ欲しいよぉ‥‥(T_T)

明日は忘れないようにちゃんと予約したもんね。
[PR]

【逆転弁護】

by dugong156 | 2006-12-10 07:42 | テレビ
高橋克典さんってちょっと好きだったりします。連ドラは待つのが苦手なので見てませんが。(笑) 猛烈にファンというのではないけれど、見ていて恰好いいなぁと思う、そんな役者さん。

昨日は仕事が遅かったので録画で見たんですが、相方が BS2 の寅さんを見るので、地上波アナログで録画したから映りが悪い悪い‥‥(―_―;)慣れるとダメですね。地上波デジタル対応の HDレコーダー欲しいなぁ。

土曜ワイド劇場では、以前【ハラハラ刑事】というのをやっていて、ワルっぽい高橋さんと真面目っぽい大杉蓮さんのコンビが面白かったんだけど、2が視聴率が悪かったそうで(某掲示板によると)それで路線変更になったのだとか‥‥。結構気に入ってた身としては、ちょっと残念な話です。確かに2は初回のより面白くなかったけど、何も路線変更しなくても‥‥。

と、そう思って見たんですが――思いのほか面白かったです(* ̄▽ ̄*)はは。
ハラハラ刑事での革パン(だと思う)姿の高橋さんも素敵ですが、背広姿で法廷に立つ姿も恰好よかったです。無表情な顔から、フッと微笑む所もよかったな。こりゃどっちもいいや♪ 思った以上に法廷シーンが緊迫感があってよかったですし、山下容莉枝さんや高橋ひとみさんの熱演が光っていました。

ん~これだけのもの作れるんだったら、ハラハラ刑事もまた作ればいいのに‥‥などと思ってしまいました。少なくとも役者さんの所為、キャラクターの魅力不足の所為ではないように思えます‥‥ブツブツ。

どうか交互にでもひとつ‥‥宜しくお願いします、土曜ワイド劇場様。
(*―人―*)
[PR]

ミス・マープル【予告殺人】

by dugong156 | 2006-12-09 23:00 | テレビ
BS2 でアガサ・クリスティのドラマをやると少し前に知っていたのに、見事に忘れて録れたのは今日の【予告殺人】が初めて‥‥。ポワロも、【牧師館の殺人】も見たかったのに‥‥。

ミス・マープル役はジェラルディン・マクイーワンという俳優さん。
ジョアンジョーン(以下訂正)・ヒクソンの吹き替えは山岡久乃さんでしたが、今回は岸田今日子さん。どちらも甲乙付けがたい上手さです。さすが~。ジョーン・ヒクソンのマープルの方は少しお年を召しているので、いかにもおばあさんという感じでしたが、こちらはクリクリした目がとてもチャーミングな可愛い感じの少し動きの良さそうなミス・マープルです。(笑)

それにしても、ジョーン・ヒクソンのミス・マープルを数本観たけれど、俳優さんが違うとこんなに雰囲気が違うのかという印象です。あちらはジョーン・ヒクソン扮するマープルの淡々とした所が怖い殺人をもさらりと表現して、逆にそれが犯人の怖さを引き立たせる気がするのですが、今回はマープルの表情も幾分豊かで、随分とサスペンス色が強いといえばいいのか、怖さを煽るような映像が多かったように思います。謎解きのシーンでの緊張感は大変なものでした。

吹き替えのものと英語とを聞き比べてみたけれど、日本語の方が緊迫感や悲哀が伝わってきて好き。ポワロなんかだと、熊倉さんの声とデビット・スーシェの声で2度美味しいけれど、このマープルは岸田さんの声がいいなと思いました。

人々の何気ないひと言で少しずつ犯人へと近づいていく過程もドキドキさせられました。犯人と相対峙するマープルの潤んだ瞳と犯人が流す涙が、愚かで哀れな殺人だと一層強く印象づけてくれます。

あ~~牧師館の殺人、見たかった。
[PR]

今年もあとひと月

by dugong156 | 2006-12-03 22:49 | 日記
早いもので‥‥もう12月です。
何か、年をとるごとに1週間が、1ヶ月が、1年がどんどん短くなっていく気がします。残り1ヶ月がんばるぞ~。
[PR]
      

私の人生無駄ばかり…そんな日々。
by dugong156
タグ
検索
最新の記事
EPSON の廃インク吸収パ..
at 2017-04-05 15:31
ハードディスクの容量確保で散..
at 2016-11-29 09:29
Windows 7のCドライ..
at 2016-07-23 11:27
相方、Instagramにパ..
at 2016-07-22 15:24
Office のソフトって結..
at 2016-07-06 00:51
記事ランキング
ブログジャンル