カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

<   2007年 07月 ( 35 )   > この月の画像一覧

プレピー

by dugong156 | 2007-07-30 10:46 | 日記
お気に入りを整理していて、楽天のぶん文具ちゃがまさんの所で万年筆を見ていたら、プラチナのプレピーというのを見つけた。廉価版万年筆。190円とは安い。

そういえば、これと同じサインペンを持ってたんだった。(こちらでは「プレピーマーキングペン」とあるので、それが正式な商品名だと思う)
プラチナの万年筆のカートリッジで、長いの(カートリッジを挿すとボールが中に落ちる奴)があるんだけど、その黒の濃さや色、手帳に書いた時あんまり滲まない所を気に入ってる。(量的にも多いから気分的に好きだ) 以前文房具屋さんを覗いたら、同じインクカートリッジを使うサインペンがあったので、ちょっと面白いなと思って買ったのです。ペン先も交換できるから、軸さえ割れなけりゃ長く使えるという物。で、いつ出たんだろうなぁ、万年筆。最近文房具屋さんにも寄ってないから‥‥(遠い目)。

セーラー万年筆でも、ちょいミニサイズのペチットワンという商品が出てたけど、カートリッジが普通の長さじゃなかったので、買うのやめたっけ。これはそのままのカートリッジ。今持ってるカートリッジがそのまま使えるのは嬉しいな。

ペン先を「インクの色と同じ」なんてことまでしなくていいのに‥‥と思った。個人的にはボディの色だけで充分なのになと思う。「ステンレスペン電着塗装仕上げ」って剥げたりしないのかな。滑り悪くなったりとか‥‥。上の写真見ると黒ならステンレスそのままなのかなと思ったけど、下の画像を見るとどうも黒っぽい‥‥やっぱりこれだけ別ってことないよな、塗ってあるのか‥‥。

文房具屋さんで現物見ないと。
[PR]

dpreview.comにS5ISのレビューが

by dugong156 | 2007-07-28 11:49 | 日記
昨日の夜、サイトをチェックしていたらdpreview.comに、Canon PowerShot S5 IS のレビューが出てました。待ってました!

接写はすごくいい感じだなぁ。
0cmからOKのマクロはすごいなと思うし、DIGIC IIIになったことや解像度が高いこともあって、質感も伝わるし、スッキリした写真が撮れそう。ISOを1600に上げて接写しているキーボードの写真があったけど、ひどいとは思わなかった。S1ISのISO400よりはずっといい(当たり前か)。勿論普段撮りには使えないけれど、記録として「撮っておける」というレベルにはなりそうな感じ。

屋外で露出補正ゼロだとオーバー気味なのかなと思うものがあるのは、今持っているS1ISでもD60でも同じだから驚かないんだけど、ん~何なんだろう? 白っぽい色の文字とかの縁とか、遠くの建物の輪郭なんかがいや~な感じ。広角で撮った時の遠くの方のホニャニャニャニャ・・・という(どういう表現じゃ)滲んでんだか何なんだかっていう状態は、ふ~~んと思う。細かいところが描写できてないんじゃなくて、出来てるんだけど何か不思議な感じ。近場の人物やはっきりとした色目のものだと、あまり意識しないのに、屋外で撮られた写真にそういう気持ち悪さを感じる部分がいくつかある。かといって、公式のホームページにあるサンプル画像では、室内だけどそんな感じの気持ち悪さを感じるものがある。ライトが当たっている写真。フリンジとかいうやつ?それとも‥‥倍率高くした時に出たりする、レンズの‥‥なんだっけ。忘れた(* ̄▽ ̄;A。露出との関係もあるのかな? CCDの大きさと有効画素数のバランスの所為なのかな? S3ISを使ってた人でこの辺りはどういう印象を持ってるんだろう? また検索してみよっと。

1/1.6型CCD・有効画素数800万画素になったら頑張ってお金貯めて買いたいな♪(FinePix S6000fd くらいでもいい) それまではまだ我慢。同サイトの新製品情報の部分で、富士フィルムも新しいのが出るらしいと知って、検索。

富士フイルム、27mmからの18倍ズーム搭載「FinePix S8000fd」(in デジカメWatch)

広角が撮れて、おまけに18倍ズームなんて! 色々楽しめそうなカメラだなぁと思って、公式サイトにお邪魔。位置づけとしては FinePix S6000fd の上というのは品番ですぐ分かったけど、画素数は上がってるものの、CCDは小さくなってる‥‥あらま。さっきの記事はザッとしか見てなかったから気づかなかった。これってどうなんだろうなぁ。
あ、そうか、これで S6000fd と同じ大きさのCCDだったとしたら、中古とか、残ってる S6000fd には行かずにほとんどこっち買うわな‥‥だからかな。皆さん、色々工夫されているのですね‥‥。

バリアングルモニターって無いよりは有った方が勿論いいんだけど、条件がよければ我慢出来る。持ち上げて撮るとか、地面すれすれで撮るとか、前を撮ってるんだけど下向いて撮れるとか、良いこといっぱいなんだけど、個人的に、バリアングルモニターで一番助かっているのは、鼻の脂が液晶に付かないよう裏返しておけるということだったりもする‥‥(だって付くんだもん‥‥) あれは不思議だけど、素材の所為かな、本体に付くのは何気なく拭いて済ませるのに、液晶の部分に付くと必死で拭き取ってしまう。ガラスっぽい部分に付くと気持ち悪いのは、個人的なもの? それとも皆さん気になるんだろうか?
[PR]

Sleipnir2 の右ダブルクリックが修正される

by dugong156 | 2007-07-26 06:43 | パソコンあれこれ
Sleipnir2 を起動させたら、アップデートのお知らせが。右ダブルクリックの動きが修正されたとあっちゃぁ入れない訳には参りませぬ。アップデートアップデート♪

軽快軽快♪ ちゃんと右ダブルクリックが利くようになりました。これで2回目のクリックで微妙にマウスをずらすというゲーム張りの動きをしなくても済みます。

ありがとございます。(*―人―*)
[PR]

FaceStickマクロの調整

by dugong156 | 2007-07-25 11:14 | パソコンあれこれ
何か、今まで上手くいってたのがまた行かなくなって、どうもクリップボードへ送るのが処理に間に合ってないみたい。EvMemo にあるテキストで試すと大丈夫なんだけどなぁ。Sleipnir だと間に合わない‥‥うむ‥‥。仕方ないから、該当する部分の「Sleep();」の値を60から100に。いや、もっと段階的に増やして試せばいいんだけど、取り敢えず。

こういう時、GrepReplace は便利。
[PR]

ポイント・ブランク

by dugong156 | 2007-07-25 10:53 | 映画など
見たのは少し前だけど。

CAST


Martin Q. Blank
JOHN CUSACK
Debi Newberry
MINNIE DRIVER
Dr. Oatman
ALAN ARKIN
Grocer
DAN AYKROYD
Marcella
JOAN CUSACK
Lardner
HANK AZARIA
McCullers
K. TODD FREEMAN
Mr. Newberry
MITCHELL RYAN
Paul Spericki
JEREMY PIVEN
Bob Destepello
MICHAEL CUDLITZ
Felix
BENNY URQUIDEZ
Ultimart Carl
DUFFY TAYLOR
Arlene
AUDREY KISSEL
Ken
CARLOS JACOTT
Husky Man
BRIAN POWELL
Amy
ANN CUSACK
Dan Koretzky
D.V. DeVINCENTTIS
Mary Blank
BARBARA HARRIS
Melanie the
Waitress
WENDY THORLAKSON
Mrs. Kinetta
BELITA MORENO
Nathaniel
PAT O'NEILL
Tanya
JENNA ELFMAN
Terry ROstand
STEVE PINK
Tracy
K.K. DODDS
Waiter
BILL CUSACK
Jenny Slater
TRACI DORITY
Eckhart
DOUG DEARTH
Bartender
COLBY FRENCH
Cosmo
BRENT ARMITAGE
Marie
JACKIE RUBIN
Dr. Oatman's
Patient
SARAH DeVINCENTIS
Nurse
EVA RODRIGUEZ
Bicycle Messenger
DAVID BARRETT
Assassins



BOBBY BASS
LANCE GILBERT
PETE ANTICO
LAURENCE BILZERIAN

感想


ジョン・キューザックという人の顔は特別好きという訳ではないの。坊ちゃん顔だから。いや、可愛いとは思うけれど。お姉さんのジョーン・キューザックも俳優だけど、好みという点でも彼女の方が好き。(男と女を比較するのも変だけど)

だから、少し前までは彼が主役だからって、見たいと思ったことはなかった‥‥んだけど‥‥。DVDで【アイデンティティー】を見てから、少し見方が変わった。派手ではないんだけど、演じているその役・その姿に、な~んか惹かれるものがある。言葉で言い表せと言われると、ちょっと困るけれど。

この映画をGyaOで見つけて、どういうコメディをするのかなと思って見始めたけれど、結構面白かった。真面目な顔した所が妙に面白い。ジョーン・キューザックも出演していて、2人の掛け合いもこれまた妙な感じで面白い。

何だかね、地味だけど笑える所がある。「殺し屋」という題材を扱っていて、おまけに殺すシーンも出てくるのに、なぜか笑える。殺しと笑いのミスマッチ。主役の地味さと打ち合いの派手さのミスマッチも何とも言えない。

あまり真面目に考えてしまうと笑えないから、「殺し屋」という事柄は中に浮かせて、気分というのか空気というのか、感じて楽しむ――そういう楽しみ方をした方がいいかなと思う。
特にラストは、そうさね、最後に打ち上げられる花火のような感覚。結構気持ちよかった。殺し屋家業に別れを告げると決心した、そのはっきりとした気持ちがあの打ち合いに表現されているようで。

[PR]

時刻合わせ

by dugong156 | 2007-07-24 23:49 | パソコンあれこれ
TClock Light で SNTPサーバを探した時はすぐ見つかったのにと思ってよくよく見たら、TClock Light に書かれてある語句は「NTPサーバ」だった。「NTP(SNTP)」とか「NTP/SNTPサーバ」などと書かれているので、同じようなものかと思っていたけど引っかかる量が違う。この2つどう違うのかな。検索検索。


その名の通り、時刻合わせのためだけにSimple にした NTPサーバがSNTPサーバっちゅうことか。ま、そんな感じだ(感じでいいのよ感じで)。

NTP - wiki@nothing(in FrontPage - wiki@nothing
まずは、トップページにリンクについての注意書きがあったので目を通した方がよいみたい。リンクを書き換えている場合があるとのこと。注意。嫌な世の中ぢゃのう。

NTP/推奨公開サーバ - wiki@nothing
同じく「推奨公開サーバ」のページもあったので、リンク。

sntpclock でテストしてみたら、TClock Light で設定していたのは「stratum 1」だった‥‥orz.....ごめんなさい。ちゃんとstratum 2以下ので7つにしました。

今、スタートアップは Anfang (in Vector) というソフトで起動の調節をしているので、TClock Light より遅く起動させればいいってことだな♪ 試しに再起動してみようっと。

このまま使おうっと。
[PR]

ダウンロード

by dugong156 | 2007-07-24 11:58 | パソコンあれこれ
Vector に「Vアップ通知」っていうサービスがあるけれど、これって便利かなぁどうかなぁと以前から思っていて、いやでも作者さんの中には Vector に一時は上げていたものの、最新の情報はやはりホームページでという場合も多いし、ならばサイトのトップページの更新状況をチェックした方がいいんじゃなかろうか――そんな風にも思えて、ソフトライブラリを雑誌をめくるようにペラペラとめくりながら模索‥‥。

インターネット&通信 > Web用ユーティリティ > 更新チェック
の所で、こんなソフトを見つけた。
DiffBrowser (in Vector
差分を表示してくれるソフトらしい。面白そう。ソフトを選ぶ時、作者さんのサイトに行くのが常なんだけど、行って見ると時刻合わせのソフトもあった。

TClock Light には時刻合わせの機能もついているので、敢えて単独で時計合わせツールが必要かというとそうとも思わないんだけど、手動なので自動で出来るのはいいねぇなんて、結構ずぼらなことを考えたりなんかして。で、使ってみようかなと。

説明ページに行くと、丁寧に説明とか気をつけた方がいいこととかが書かれてあったので、今自分が TClock Light で設定しているSNTPサーバーがどのレベルなのかちょっと興味も湧いたし。このソフトを使ってみて見てみようかなと。起動ごとにチェックするのなら、記述にあるように基準になっているSNTPサーバーより下の階級を使った方がいいってことですな。

試しにダウンロード。
sntpclock (in Vector
[PR]

今日の検索「マッハバンド」と「擬似輪郭」と「シュブルール錯視」

by dugong156 | 2007-07-22 23:48 | 日記
相方用に mixi のツールはないかなと Vector でソフトを見ていて、作者さんのサイトへ行ったりしていたら、「マッハバンド」という言葉に遭遇。「ぐぐれ」と書かれてはいるものの、親切にもググッた結果ページへのリンクが用意されていたので、有難くクリックしたんだけど、上位のページを読んで把握して日記を書きかけて、少ししてもっと検索結果を読み進めていくと、作者さんのページで使われていたのとは違う説明があるだけでなく、誤用とされる記述などもあって、どうやら非常に難しい言葉にぶち当たったみたい。

ホームページビルダー付属のウェブアートデザイナーで画像を保存する時に、減色の項目の中に「ディザあり」っていうのがある。

写真の減色の時には、ディザ法(ずっと「ディ“サ”」だと思ってた。“ザ”ね)でやると色の境界線が点描画で描かれた感じになって、(ある程度色数が多くないと見た目が汚くなるんだったと思う)色数を少なくしても元の画像のイメージをある程度伝えられる。それをしないと微妙な色の変化をを使える色で区別する形になるので、どこかで色の境が出来、段階的に色の領域で表現されることになる。(画像によっちゃぁ等高線状の縞模様になる) 色数の少ないような漫画絵(Flashゲームのスクリーンショットとか)なんかだと、ディザ法でしない方が却って綺麗だったりするんだけど(そばかすライクな点がいっぱいになって気持ち悪い)、そのディザを使わない時の、筋状になっているその境目を「擬似輪郭」とか「擬輪郭(「ギリンカク」で読み方合ってるのかな)」と言うらしい。

■ディザについて
ディザリングとは 【dithering】 - 意味・解説 : IT用語辞典
ディザ法?-?[パソコン用語集]All?About

画像の情報量(in SmoTec Home Page : 画像加工広場

■擬似輪郭について
画像データ>モノクロとグレースケール>ポイント(in CyberLibrarian

で、この擬似輪郭のことを「マッハバンド」と言っているサイトもある。後述のリンク先など見ると分かるけれど、マッハバンドというのは「目の錯覚」つまり「錯視」の類のものなので、減色によって起こる、実際に色の境目がある擬似輪郭とは別物。擬似輪郭の意味合いでマッハバンドという単語を使うことが一般的なのかどうかは分からないけど、本来の意味合いは全く違うということは私にも理解できた。で、問題は次。

更に調べると、これまた違う言葉を発見。その名も「シュブルール錯視」シェルブールだかチェルノブイリだか知らんが、ややこしい‥‥。この違いというのか、位置関係が。

まず「マッハバンド」について。
■マッハバンドとは
マッハ・バンドとは - NE用語 - 日経エレクトロニクス - Tech-On!用語辞典
光技術用語辞典(in 株式会社オプトロニクス社

ものを見るということ(2)(in FudarakuVoice

マッハバンド - その数理・物理・生理・心理 -(in 視覚心理物理学入門

で、「シュブルール錯視」については、個別に書かれている情報を見つけられなかったので、全般を記述しているページから。

■錯視全般について
錯視のカタログ(in 北岡明佳の錯視のページ
Optical illusions(in Ophtasurf, all about ophthalmology


明度の違う色の帯を幾つか並べた時、暗い色と接している部分が本来の色より明るいく見えたり、暗い色と接している部分に元の色より明るく見えたりする。1つの帯ではどのポイントも同じ色なのに、明るさが違って見えてしまう――という現象。

人間の目って不思議。「区別したい」という気持ちが強いのかな。

これにマッハバンドの単語を使う場合もあるが、それは間違いとも書かれているサイトがある。実際、検索するとそういう使い方をしている記述もあるので、この辺はもっと調べないと分からない。

マッハバンドは、滑らかな変化で描かれているグラデーションにも関わらず、その変化の一部分が、人間の目には強調されて写り、境目の部分が筋となってより明るい色やより暗い色に見えてしまう現象とのこと。

グラデーションの中に生まれるのがマッハバンドということであれば、両者は全くの別物ということになる。
視覚的にグラデーションに見えてしまっているシュブルール錯視の状態において、マッハバンドが見える――ということが起こりうるのであれば、明度の違う色の帯を幾つか並べた状態の絵を取り上げて、そこにある帯にマッハバンドが見えるということが起こりうるのかもしれない――とも考えたけれど、実際マッハバンドが見える状況というのは、明度の差が大きい場合のようなので、果たして徐々に明度を上げていく(下げていく)ような色の帯を描いた状態で起こるのかどうか‥‥??? 分からん(笑)

■マッハ効果
画像について(in アイドルのペット情報

ちょっと勉強になった。(すぐ忘れるだろうな‥‥)結局分からんけど。(笑)
まぁ、語句だけでも知っていれば、機会があれば質問するという行動には出られるかなと。(誰に対してやねん) この3つの違いをちゃんと説明できる人に話を聞いてみたいもんだなぁと思うけど、身近にはいないなぁ‥‥。
[PR]

相方のモニター帰館

by dugong156 | 2007-07-21 22:30 | 日記
今日は仕事が早目の上がりだったので、帰るコール(懐かしい響きだ)をしたら、相方の怪訝な声。今日は早いと思っていなかったらしい。

それはそうと‥‥と慌てた様子でこちらに何か伝えようとしてるんだけど言葉が出ない。やっとのことで「エイデン」が出てきた。ついさっき、電話があって修理が出来上がったのだそう。そりゃいかん、エイデンって8時までだったかな、いや9時だったかな、兎も角急いで帰るわね、と自転車を漕ぎ超特急で帰宅。(怪訝な声は、早いと思っていなかったのに電話がかかってきて、私に何かあったのではないか→モニタを取に行けなくなる と考えたかららしい
(* ̄▽ ̄;Ahæ)

もうね、ここ何日かしにそうな顔してましたから、どうなることかと。
Inspiron1501 にもアカウントを作ったものの、私が変なリンクはクリックするなとか五月蝿いものだから、肩身が狭かったらしい。(いや、それは普通だと思うんだが)

でも言わせてくださいな。
結局、EdMax では勝手が分からないというので、仕方がないからOutlookExpress を使うようにしたんだけど、相方はHTMLメールを表示がデフォルトなのです。個人的には危ないからやめて欲しいんだけど、変な所からは来ないから(パチンコ店とかから来る)の一点張り。でも、そういう割には結構安易にクリックするんだなぁ、これが。危ないことこの上ない。これでワンクリック詐欺にかかってないのが不思議なくらい。

絶対私のパソコン感染させないでね。威嚇(▼_▼)威嚇

そんな私の五月蝿さから逃げるように、眠っていた Libretto L1 で急場を凌いでいたんだけど、画面は小さいし(そりゃそうだわな、私でも小さいなって思うくらいの文字だもん)、動作ものろいので(Flash の AVG がもたくさ動くくらいですから)、我慢も限界に達していた模様。その所為か、ここ数日間元気が無かった‥‥。まぁ、PoweBook G3 がお亡くなりになってしまったWショックで仕方ないけれど。

エイデンに行く道すがら、車の中で顔がにやけるのを抑えられない相方でありました。

まずはお休み宣言していた mixi に復活宣言。嬉しそう嬉しそう。よかったね、相方。
[PR]

カパ坊のマジカルツアー

by dugong156 | 2007-07-21 01:29 | パソコンあれこれ
ピュアカラーアニマルパークのFlashゲームの新作が出ていました。

【カパ坊のマジカルツアー】♪
今回はすこ~し今までとは違った味付けが効いています。でもいつものように可愛い動物たちと、愛がいっぱいなのであります。

パスタさんのゲームは、ストレスを感じません。だから大好き。絵も大好き。
プレイしていて素直になれるゲームっていいですね。プレイし終わった時にも、ホッとするというか、心が和んだ状態でいられるって、素敵。
[PR]
      

私の人生無駄ばかり…そんな日々。
by dugong156
タグ
検索
最新の記事
TP-LINKの無線LANル..
at 2017-12-11 08:57
トイレの便座を替えた話
at 2017-11-04 19:44
EPSON の廃インク吸収パ..
at 2017-04-05 15:31
ハードディスクの容量確保で散..
at 2016-11-29 09:29
Windows 7のCドライ..
at 2016-07-23 11:27
記事ランキング
ブログジャンル