S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事

<   2008年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

clipboardData.setData が使えない

by dugong156 | 2008-12-30 06:08 | パソコンあれこれ
ブログの日記を書く時に、自分のブログの古い日記へリンクしたいなって時、exciteブログ の個別ページのタイトルには日付が入っていないので、FaceStick のマクロで日付を入れてタグを作るようにしてるのです。

日付を調べるのにソースが必要だから、ショートカットキーを押しまくった挙句、ソースエディタまで起動させて全選択してコピー――なんて真似をやってたんだけど(何というアナログな私)、ソースを取得する組み込みスクリプトを作って、ショートカットキーを設定したら、エディタを起動させる必要はなくなるなということに今更ながら気づいた。

最初、
var inBodyTag = _document[ピリオド]getElementsByTagName("body")[0].innerHTML;

で簡単だと思っていたら、クリップボードへ送らないとどうにもならんではないか。「1行だけでいいもんね」などと思っていた自分が恥ずかしい‥‥。おまけにどうにも上手く出来ない。

clipboardData.setData("text","クリップボードに送るテキスト");

大文字とか小文字とかも間違ってないし‥‥検索しても、皆さんフツーに使ってらっしゃる様子なのに‥‥。なぜかうんともすんとも。先にコピーしたのがまだ残っている状態。ということは全然セットすらされてないってことなんだろうな。textarea を選択したと同時にコピーするというようなスクリプトの例を貼り付けてくれているサイトとか、実際のページまで用意してくれているサイトとかもあったので、試しにいくつか試してみたんだけど、駄目だった。うちのパソコンだけ駄目なんてことがあるんだろうか‥‥。((((; -_-)っ”だ、だれか‥‥。

取り敢えず‥‥別の方法でどうにかしよう――ということで、普段ほかのサイトで使っている「タイトルと URL のコピー」でリンクが作れるようにしてしまおうっと。document[ピリオド]title を書き換えてしまうまでを、組み込みスクリプトでやってしまって、これにショートカットを設定して、後は「タイトルと URL のコピー」を使うことにしようっと。


doc.execCommand("copy")
っていうのもあるらしいんだけど、駄目ですのぅ‥‥。

---追記---(2008/12/31(水))

Firefox ではどうしたらいいんだろう‥‥(* ̄▽ ̄;A。
スクリプトはそう違わないから関係ない所を消すかして、JsActionsのフォルダに入れればいいんだろうけど、ショートカットキーの登録をどうしたらいいのかな‥‥ふむ‥‥。。。(Θ_Θ)zzz。。。

検索したなかの参考になりそうなのをリンク。帰ってからゆっくり見ようっと。
■2007-06-01 - [クリッピングオンリーで言及少ないてきとう日記] どーせにゃんにも考えてにゃーですにyoー
■Firefox をあなた好みに改造! 「簡易 XUL 開発環境」
■Browser.js 第2回番外編 Firefoxのカスタム:ショートカットキーで快適にブラウジング

全然関係ないけど、functions for keyconfig を入れた後って、[ツール] > [キーボードショートカットのカスタマイズ] で内容を見た時に、名前に「f4kc_」が付いてるのがたくさんあって、これって一体何なんだろうと思ってたら、「functions for keyconfig」そのもののことだったってことにさっき気づいた‥‥気づいたというか、ウロウロしていてそういう記述を見つけて分かった‥‥。
あーはずかし‥‥(* ̄▽ ̄;A。

■ハングアップの日々 (2006/01)


---追記---(2009/06/13(土))

あー恥ずかしい。
window.clipboardData.setData("text","クリップボードに送るテキスト");
が抜けてただけだった‥‥orz.....


---追記---(2009/07/16(木))

「doc.execCommand("copy")」は、先に「createTextRange();」を使って、TextRangeオブジェクトを生成してから使うらしいんだけど、よく分からない。
[PR]

JavaScriptのreplace()

by dugong156 | 2008-12-29 10:04 | パソコンあれこれ
ずっと replace() の括弧の中は、""で区切った文字列だけだと思っていたんだけど、置換えが箇所が複数の時に1個しか置き換えられなかったので、調べたら、正規表現が使えるのだそう。

dDate = dDate.replace("-","/");
これだと1個だけしか置き換わらないけど、
dDate = dDate.replace(/-/g,"/");
こっちなら、全部置き換わる。

複数個の置換えをやったから気づいたけど、やらなかったらずっと知らないままだったのか‥‥。
[PR]

組み込みスクリプト?

by dugong156 | 2008-12-28 00:25 | パソコンあれこれ
組み込みスクリプトとは、UserAction スクリプト や SleipnirScriptで実行するよう指定されている SeaHorse スクリプト のことです。

今ひとつ分かってなかったことに今更ながら気づいたので、メモ。いや、ひょっとすると前に読んで忘れてたのかもしれないけど‥‥(* ̄▽ ̄;A。

// @type SleipnirScript
と指定した SeaHorse スクリプトを組み込みスクリプトとして使うことは出来るけど、User Action スクリプトの書き方はちゃんとあるのであって‥‥。書き直す必要はないんだろうけど、書き直してみた。
// @type SleipnirScript の指定をした SeaHorse とそうでないのとの違いは? どうも解ってない‥‥(* ̄▽ ̄;A。ええと、SleipnirAPI が使えるのとそうでない普通の JavaScript とってことか‥‥な?(そしてもやがかかった状態で前に進もうとする私‥‥)
[PR]

AutoPagerize for SeaHorseとVector その2

by dugong156 | 2008-12-27 19:43 | パソコンあれこれ

結局は中途半端な訳ですが‥‥


取り敢えず、何もしないで SITEINFO にテキトーに書いてみたけど、2ページ目くらいでストップしてしまう。

でも‥‥どうにかしたい‥‥ボソボソ‥‥。

考えたのが、普通に SeaHorse スクリプトで「次へ」を付け足す方法。
でも駄目だった。そういえば、AutoPagerize の readme.txt に何かあったかなと思い、改めて読んでみると
AutoPagerize が実行されたページでは、window.AutoPagerize オブジェクトが追加される(~中略~)サンプルとして、GoogleHighlight.user.js を添付してあるので、そちらを参照

(これを確認してからバージョンが最新ではないことに気づいて (数バージョン前だった。次くらいに修正されてた)AutoPagerize for SeaHorse (958lab) から最新版をダウンロードした)取り敢えず中身見てみよう。

どうもスクリプトが頭の中でゴチャゴチャになっている。SeaHorse スクリプトの中の、JavaScript で動作するものと、SleipnirScript で動作するものとの、違いがよく分かってないみたい、自分。GoogleHighlight.user.js は JavaScript として動作するようになってた。

違いを分かってないまま突っ走るのはどうかと思うんだけど、サンプルがあるので、そのまねをしようということで、外枠をそのまま使って書いてみることにした。
お勉強お勉強(だったら基本からやればいいのにとも思うけど‥‥まぁいい)――とはいうものの、少し前まで FaceStick のマクロをいじくっていたので、ちょっと頭がマーブル状態だったりもする。慣れてる人やちゃんと解ってる人はすんなり切り替えできるんだろうなぁ。ぅぅぅ。
失敗ばっかりだからメッセージを出してチェックするんだけど、alert と MessageBox もグチャグチャで‥‥メッセージボックスの時点で失敗しとるがな‥‥凹む‥‥。

で、はや云日‥‥。結論から言いますと――中途半端に動いた‥‥orz.....

最初、何も考えずにリンクの最初の目次(以下、目次1、2…)から見ていく時は大丈夫なんだけど、目次の途中のページをクリックして、そこからスタートして見ていこうとすると、2ページ目に繋がるのが何故か目次1‥‥。(* ̄▽ ̄;A

いくつか試してみたけど全滅だった。(悲しいのぅ)
目次の部分の「pagenav」という class が上下にあるので、基本的には上は残して下を書き換えることにして、SITEINFO には下記のように。

{
//Vector
url: 'http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/.+',
nextLink: 'div.pagenav:last>a:contains("次のページ>>"),div.pagenav:last>a',
//1行書き忘れ(2009/03/22(日)12:34追加)
//「,div.pagenav:last>a」の所、何で付けてたんだろう‥‥。(2010/03/18(木)04:53)

insertBefore:'div.botad',
//ここまで(* ̄▽ ̄;Aこの行写し忘れるなんてありえんだろう、自分。
pageElement: 'ul.file_list,div.pagenav:last'
},

で、例えば書き換えする時に、次のリンクより前の部分は全部削除してしまって、ページが進むにつれてリンクが減っていく形にしてみた。これも悲しいかな、2ページ目は目次1になる。おまけに残りのページ分くらい進んだ所で止まっちゃう。
例えば改めて「次へ」を入れる方法を試してみた。でもこれも2ページ目の動作は同じだった。ページはさっきのより長くくって行けるけど、どうも1ページ目から数えての総ページ数が、目次数と同じになった所で止まってしまうみたいだし。
上の方の pagenav を書き換えて、SITEINFO の 「:last」を「:first」にしたりとか、次へを一番前に持って来たりとかも試したんだけど、駄目。

「次のページ」を含むリンクだけを「nextLink」に指定したら、初っ端からAutoPagerize が利かなくなるし‥‥。ひょっとして、書き換えてる間に、上のリンクしかないような感じになってるのかなぁなんて訳の分からないことを考えて、両方書き換えるようにしてみたけどやっぱり2ページ目は目次1‥‥どうやら、元の状態で機能しているのかしらん‥‥(ひょっとして先に気づけばよかったこと?やってたこと全部無駄?‥‥(* ̄▽ ̄;Aあらそぅ)
スクリプトで書き換えるより、AutoPagerize がリンクを調べる方が早いってことなのかな? そういうのって順番を変えるのは出来るのかな?
気が向いたらまた調べて勉強‥‥したくない‥‥(* ̄▽ ̄;A疲れた。

出来れば‥‥出来ますれば Vector 様、「次へ」を付けてくださらぬか‥‥。

今回もいっぱいお世話になった。

■とほほのJavaScriptリファレンス
■(function(){})() と function(){}() - IT戦記
■同時に複数の要素のスタイルを変える

■jQueryの魔法(JavaScript:All About)

こんな感じになった↓
[PR]

AutoPagerize for SeaHorseとVector

by dugong156 | 2008-12-26 09:39 | パソコンあれこれ
ここ1週間近く、SeaHorse と闘ってた。
結果は‥‥勝てた訳じゃないけど、一応一区切り付いたという感じ(無理やりつけた感じだけど‥‥)。

■AutoPagerize - 958 Wiki*
■AutoPagerize for SeaHorse (958lab)

楽天の検索結果で AutoPagerize が機能してないことに気づいて、Wiki のページから、「楽天 検索結果」をコピー&ペーストしてみたら動作から安心してたんだけど‥‥。最近になってまた動いてないことに気づいた。
改めて siteinfo.js を覗いて、「次」の所を楽天のリンク通りに「次の30件」にしてみたら動いた。たまたまほかのリンクに「次」があって迷ってしまったのかな。長くしておけばその分、迷うことも無いでしょう‥‥多分。「30件」を付けたら駄目な時もあるってことに今日気づいた(* ̄▽ ̄;A(遅っ!)「次の」も足した(2009/01/07(水)11:26追加)

これがきっかけで、ちょっと SITEINFO に興味が湧いて、利用方法などをもっとしっかり読んでみた。(microformats は全然解らなかったのでパスしたけど)
「jQueryセレクタで指定」っていう言葉が出てきて、どんなものか知らなかったので調べてみた。以前ユーザースタイルシートとかを設定する時に調べた、CSS のセレクタと意味合いというか機能というか、そういう点で似たようなものかなという印象だったけど、「jQuery」がそもそも分かってないので、検索。

■jQueryの魔法 - [JavaScript]All About

JavaScript を ON で見た方がいいかもしれん。関連した索引がずららららと下に表示されるので探しやすいから。しっかり読まないといけなかったんだろうけど、初めの方の取っ掛かりと、セレクタを中心にまばら読みした。

試しに読んでる内に URL の host 部分に「tag」が入っている時には対応してないみたいだったから、練習で書いてみた。(Wiki からコピペしたのにまとめればいいだけなんだろうけど、取り敢えず別にしておこっと)

{
//All About (http://tag.allabout用)
url: 'http://tag.allabout.co.jp/',
nextLink: 'div.next>a:contains("次へ")',
insertBefore: 'div#gsAllArticle+*,div#gsArticle+*,div#article+*',
pageElement: 'dl.clearfix'
},


ふむふむ‥‥少し分かってきた。
こうなるとですよ‥‥よく行くサイトで対応していない所があるからどうにかしたいなと思ってしまいます。フリーソフトを漁るのに利用することが多い Vector。上記の All About の記事で少しだけ分かった気分になってサイトの見てみると‥‥‥‥‥‥「次」ってのが無い‥‥orz.....。それでか‥‥それで無いんだ‥‥検索結果のしか‥‥。

つづく
[PR]

BurnAware Free Editionのバージョンアップ

by dugong156 | 2008-12-15 00:56 | パソコンあれこれ
少し前からバージョンアップされてるのは知ってたんだけど、古い方で特に問題なく使っていたから、どうしようかなと暫く保留にしてた。たまたまデータを焼くついでがあるし、インストールしてみようかなと思いダウンロードした。
インストールは削除してからかどうなのか、ちょっと検索してみたんだけど、見つけられなかったので、復元ポイントを作成しておいてから、そのままインストールしてみた。
上書きされるのかと思ったら‥‥2つになった(* ̄▽ ̄;Ahæ。名前違うんだ(笑)。新しいのは「Edition」が入ってなかった。どうしようかなと思ったけど、何か、ちゃんとそれぞれ(いや一緒にでも)エラーも起きずに起動してるし‥‥。
「2つ一緒に起動できてる」の図却ってよかったかな。暫くこのまま試せばいっか♪

インターフェイスが変わったらしいってことは、公式ホームページを見てて知ってたんだけど、起動画面がだいぶ変わった印象。ブルーレイディスクに対応して項目が増えたし。まだ私は使えないから関係ないけど。

前に使ってた旧版と今回ダウンロードした最新版の起動画面の見た目のサムネイル画像

f0007197_2353377.jpg
マットな感じの色から、何ていうかな‥‥メタリックな印象の色合いになったといいますか‥‥。データ焼きの「いまどのくらい入ってるか」を表示するディスクの画像もこんな感じに変わった。(上が前の、下が新しいの)

情けない話、今回新しいのを使うまでオプションがあるって知らなかった。
私が使ってたのは Ver.1.2.9 だけど、そっちの方でも、作業が終了したらディスクを取り出すかどうかの設定はあったのに、ずっと知らずに終わったらガチャッてディスクが出てきてた。(どうしてかなと思ってた割になぜかメニューすら開けて調べなかった私。(* ̄▽ ̄;A) 新しいのを使ってメニューにあるんだと気づいて、初めてメニューをじっくり見てみた。
  1. 以前のと比べると、オプションの場所が分割されて項目が増えてる。
  2. 起動直後のウィンドウ右上の歯車マークと、 [Compilation] > [Preferences...] と [Compilation Properties...] に分かれた。
  3. デフォルトで名前に使う言葉を設定できるようになってたり、日付の表記をプルダウンメニューで選択できるようになってたり。

取り敢えずはBurnAware Free Edition - k本的に無料ソフト・フリーソフトの説明を参考に設定して使ったけど、単語がほとんど解らないままというのもいかんなと思い、いくつか調べてみた。

[Compilation properties] > [Burn]


Buffer underrun protection(BurnProof, JustLink etc.)


デフォルトでこのタブの所はここだけにチェックが入ってた(確かそう)。書き込みの失敗の原因となるバッファアンダーランを防止するということみたい。言葉の意味にいくつもリンクする必要はないかもしれんが、まぁチェックしただけリンクしておこう。

Buffer underrun

関連リンクで「BURN-Proof」(三洋電機)と「JustLink」(リコー)があったりするのでそっちはいいかな。どちらもバッファアンダーランを防止する技術の名称だった。

Finalize disc


マルチセッションディスクのファイナライズを行う場合は、「Finalize disc (No further writing possible)」にチェックを入れておく。
k本的に無料ソフト・フリーソフト内のこのソフトの説明より)

Finalize
マルチセッション

Verify data on disc after burning


Verify

初めてこの項目にチェックを入れて使ってみたんだけど、焼きあがったデータを1つ1つ調べていってるので少し余分に時間がかかる。大量に焼く訳でもなく、時間もあるならチェックした方がいいのかな。焼いた後にそのデータを見ていく機会があるならデータは残しておいて、駄目だとわかった時点でやり直してもいい訳だし。

Write in disc-at-once (DAO) mode


Disk-at-once

CD-R や DVD-R の焼き方はこれしかないと思っていたんだけど、見事な知識不足だった。ソフトにも依るようだけど、DVD-R でも追記は出来るんだなぁ。いやぁ、何で「追記型」っていうのかなとは思ってたんだけど‥‥知らなかった‥‥(* ̄▽ ̄;A。

DVD-Rの書き込み方法について

[Compilation properties] > [File system]




---追記---2008-12-15T23:04:05+09:00

■イメージファイルとは? - k本的に無料ソフト・フリーソフト
[PR]

Headline-Tickerで見かけたニュース

by dugong156 | 2008-12-14 20:15 | ニュース
■「カラオケ行く行かないで口論」32歳が19歳殺害容疑
http://www.asahi.com/national/update/1213/TKY200812130236.html
(社会:asahi.com(朝日新聞社))

世の中やっぱりおかしい‥‥。カラオケですよ、カラオケ。カラオケに行く行かないなんて、日常の何でもないことじゃないですか‥‥。そんなことで殺されちゃ‥‥。

[PR]

プロセスに出てくるもので止めたもの

by dugong156 | 2008-12-13 21:49 | パソコンあれこれ

jusched.exe


■211のメモ帳: JDKのjusched.exeをぶっ殺す方法
私の場合は設定変更だけでレジストリの方は大丈夫だった。

jqs.exe


■Java Quick Starter (JQS) とは ?JQS を実行する利点は何ですか ? - 6.0
そんなに頻繁に Java が必要になることがないからいいかな。

Reader_SL.exe


それらしい設定は Adobe Reader 8 に無さそう。
検索しても以前のバージョンではスタートアップに入ってたみたいだけど(そういえばそんなことがあったような気がする)、現在はそこではなく、レジストリのスタートアップ(見えない所にいるなんてちょっといやらしいと思ってしまう)に登録されているらしい――というか、「いる」――というか「いた」。

前述のリンク先にも出てきたけど、
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run
の中。そのまま削除した。消えちゃえー。
不安だったら、この部分だけレジストリを保存するとか、[ファイル名を指定して実行] に、「msconfig」→ [OK] して、システム構成ユーティリティーを起動したら、[スタートアップ] タブの中の該当部分のチェックを外してみて、暫く使ってみるっていう方がいいんだろうけど、まぁいいや。

[PR]

Shockwave Player の自動更新

by dugong156 | 2008-12-06 14:51 | パソコンあれこれ
時期が来ると、起動直後に自動更新のメッセージが出てくる。
コントロールパネルにも姿が見えないし、一体どこにいるのやら‥‥。珍しく、そう思いながらもそのままにしてた。
「Shockwave Player 自動更新 止める」で検索したら、すんなり出てきた♪

■猫又にゃぉ助の「責任者出てこい!」: Shockwaveの自動更新がウザー
■だるだる、ゲロゲロ: 今度はShockwave Playerの自動アップデートを止める

リンクのリンクも併せてリンク。書いてあることは同じなんだけど。いや文章面白かったから(笑)。
そういえば、確かにスタンドアロンの方でもインストールしてたら文字化けあったなぁ。
Shockwave のゲームサイトを利用するので入れておかないといけないし。
兎も角ちゃんとインストール出来てよかったべ。

取り敢えず、全部チェック外した。
[PR]

wscript.exe Ver.5.6.0.8820→5.6.0.8825 で

by dugong156 | 2008-12-06 13:47 | パソコンあれこれ
別のソフトに必要なものを探していて、Wscript.exe のバージョンが少し古いみたいだと知ったのが一昨日。去年の8月にバージョンアップされているみたい。

system32フォルダの中のバージョンを調べたら、5.6.0.8820 だったし、インストールしておこうかなと思い、復元ポイントを作成してインストールしたまでは良かった。

入れた直後に Sleipnir2 の動作でエラー→強制終了が立て続けに2回も起きて、何かしら嫌な予感がしたので、復元できるか試したら復元できたことで安心して、もう1度やろうと思ったのがいけなかった――と思う。再度、バージョンアップしてですな、再起動すると、この間からShockwave Player の更新がうるさくて、メッセージが出てくるもんだから、取り敢えずインストールしようとしたんですわ‥‥。(後で思ったんだけど、これしたのがまずかったね。何かした時はそれだけしないといけません。覚えておこう)

ほかのウィンドウを閉じようと一旦インストールをしない方を選択してクリックした途端「ブツツツツツッ」とエラーで強制終了。(* ̄▽ ̄;Aいやん‥‥。
InternetExplorer(以下IE) でやろうとしたら、同様に駄目。何がいけないのか‥‥。

そうこうしている内に、とうとうダウンロードのページを自体開いた途端エラーで再起動するようになってしまった‥‥orz.....ゥゥゥ。
エラーの内容を見ると、「msthtml.dll」が原因らしい。system32 フォルダに入ってる。バージョンを見ると、IE8を入れてるからか、それっぽいバージョンになっていた。

ん~ひょっとして、IE8 を導入後にさっきのバージョンアップをしちゃったからかな。(* ̄▽ ̄;A後先になっちゃって‥‥。だとしたら‥‥失敗失敗(笑って済ませられることでもないと思うが)。

もう一度復元しようと思ったら、復元に失敗した。(初めての経験)
何回やっても駄目。理由は「変更がないから」ってことにされてる‥‥。嘘だぁ。あるよ‥‥ブツブツ‥‥。さっき戻った時点で改めて復元ポイント作成しておかなきゃいけなかったのかな。(ちょっと嫌な汗が出る)

仕方がないから、IE8beta2 を一旦削除してみた。入れて以降の更新とかそういうのがどうなるのかなぁとちょっと不安だったけど、兎も角やらねばなぁ。

Shockwaveのダウンロードページは表示されて、インストールは始まるものの、完了しない‥‥(T▽T)もう駄目だ‥‥。でも再インストールはしたくないょぅ。
アンインストールがちゃんと出来てないと駄目だってこともあるらしいから、アンインストーラーをダウンロードして実行してからやっても駄目だった。

少し古いスタンドアロンのをダウンロードしてインストールしてみたけど、インストールが完了したはずなのに [プログラムの追加と削除] に表示されてない‥‥(T▽T) もうワケワカメ‥‥。

検索してたら、感染ってことも可能性がって例を見つけて、ウィルスチェック。もう夜中の2時が来ようとしてたから、チェックが始まった時点で寝た。

で、今朝になって(人間寝るとふと思いつくもんだな。悩んで駄目ならとっとと寝るといいなと、改めて思った)、互換モードで表示させてやってないなって気づいて、インストールするっていうボタンをクリックしたら、googleツールバーのメッセージボックスが出てきた。ああ、そういえば出てくるんだったっけ? そういえば昨日って出なかったな‥‥そこから既に駄目だったってことなのかな?

完了した時の画像がおかしかったんだけど、[プログラムの追加と削除] にもちゃんと現れたし‥‥。取り敢えずよかった‥‥。もうどうなることかと‥‥(ノ_・ )

で、結局復元はというと、少し前の復元ポイントでも失敗するから、一旦復元を無効にして有効にし直した。これでちゃんと復元出来るようになるかなぁ。

WindowsXP-Windows2000-Script56-KB917344-x86-jpn.exe を入れると 5.6.0.8825 になる。


試しに小さいソフトの削除で復元してみたら、復元された。
(T▽T)よかった‥‥神様、もう無茶はしません(多分)。1つやる時は1つだけやります。
[PR]
      

私の人生無駄ばかり…そんな日々。
by dugong156