S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事

タグ:お尻洗浄器 ( 5 ) タグの人気記事

我が家のお尻洗浄器事情 その5

by dugong156 | 2015-05-12 23:49 | 日記
シュピューラーを買ってから、気付けばもう5年半位経つ。

まだね、現役。全然大丈夫。
少し本体そのものが一部変色してきてる感じがあるのと(ネジきりの角になってる部分とかちょいと黄色い感じに‥‥)、相方が新聞をトイレに持ち込んでじっくり読んでた所為もあってか、多少膨らんだ部分が微妙に黒ずみ(多分、新聞のインクでしょうな)――正確には本体の色と相まって、ダークグリーンな色味が薄っすらと付いてしまってるけど、ネジネジの部分の劣化もなく、きっちり締って漏れなどもないので、使用には全く問題がない。もうね、気の毒なくらい。そろそろ綺麗なのに買い替えてもいいかなと思ってるけど、まだ元気だから捨てるには忍びない‥‥。(相方から「1個買ったら1個捨てる」と言われている)

今時の言葉ですと、「コスパ高すぎ」ですな。
実際には4000円じゃないけど、そのくらいとしてもあーた、700円弱/年(笑)。もう凄すぎ(* ̄▽ ̄;A。電気使ってないから余計だ。

日記をずっと疎かにしていて書いてなかったけど、購入してから丁度1年後くらいにハガキが来た。利用者アンケートみたいなやつ。

お陰様で使い始めてからというもの、我が家のトイレ環境はすごく快適になり、この感動をどうにかお伝えしたいとだな(ちと大袈裟‥‥でもないか)――そう思ってたんだけど、レビュー自体は載ってるのに書き込む所がない‥‥皆さんどうやってレビューしてるのかしらと思っていた。そうこうしてる内にそのこともす~っかり忘れて時は過ぎシュピューラーが生活の一部になり、ある日送られてきたハガキを見てビックリした次第。

1年後に送られてきたって一言で言いますが‥‥実際には手間の掛かる話ですな。管理するのも大変だろう。いやぁ、常々「使ってもないのにレビュー」「使う前にレビュー」の意義に疑問を感じてる身としては(書く方も書くことを要求する方にも疑問を感じますな)、これはね、もうすごいなと感心したんでがす。(ちょっと古いが『マッサン』の俊兄風。この日記実は3月から温めている)
勿論、ちゃんと書いて送った。とても助かってるので。

使ってる方々は何使って洗ってらっしゃるか存じませぬが、自分の場合洗うのは、最初はこれといって用意していなかったので、割り箸にタオルの切れ端を巻いてゴムで留めた物で擦るようにしてた。(ノズルの中は綿棒を2本ゴムで連結したやつで擦ったり)
別にそれでも良かったんだけど、口のネジ切りの部分とかの細かい部分に当たりやすい方がいいなってことで、今は細めのスポンジが付いたボトル洗いを使ってる。
ほかに目を付けてたのが、柔らか目のボトルブラシ。硬いナイロンブラシじゃなくてポリプロピレンのブラシ。サンコーのびっくりたわしなんかと同じ素材ですな。ペットボトル用の細いのが出てるので、それが良さそうかなと。

本当は後者の方を先に買おうと思ってたはずなのに、何を慌てて間違えたのか、先にスポンジの方を買ってしまった。(実はボトル洗いも新しいにしたいなと思ってて、ついでに見ていたもんだから、どっちにしようかなと思いながら、最終的に本来の使い道で使おうと決めてた方のやつだったんだが‥‥どうしてこうなった)
問題なく使えてるからそのままになってるけど、たまにやります、選考に選考を重ね溜めに溜めてたタブを、いざ買おうと思った時に間違って選んでしまってカートに入れるという‥‥。

Amazon.co.jp: 【まとめ買いセット】 水筒・ボトル用スポンジ 取替用スペア 2個付セット: ホーム&キッチン
Amazon.co.jp: アズマ 水筒・ボトル用スポンジ オレンジ AZ699O: ホーム&キッチン
Amazon.co.jp: アズマ キッチンブラシ水筒 ボトル用スポンジ スポンジ 2個付: ホーム&キッチン
スポンジははめ込んで使う形で、買い替えできる。スポンジ自体も小振りでシュピューラーの口の大きさに丁度良かった。底洗うのにスティックが突き出て当たっちゃうんで、先だけ軽く摘んで縫ってスティックの先が突っ切って出てこないようにしてるけど、差し込むだけなのにスポッと抜けたりしないんだな、意外とこれが。キッチン用にまた買おうかな。

amazonとか楽天での検索画面だと。

ブラシの方。(キッチンバスボンくんとか、サンコーのとか)
Amazon.co.jp: ペットボトル ブラシ: キッチンストア
【検索画面|楽天】「水筒・ボトル用スポンジ」


最近、そういえばあれからだいぶ経ったので、最近の巷のお尻洗浄器事情も変わってるだろうなぁと思って検索してみたら、我が家では2台潰れたパナソニックの方でも新しいのを出したみたいで、ホームページに載ってた。何か、ボタンの所が改良されてるし、ペットボトルにも付けられるようになってた。やるなぁ、パナソニック。

とはいえ、電池式への買い替えは考えていないのであった。
[PR]

我が家のお尻洗浄器事情 その4

by dugong156 | 2009-10-07 01:07 | 日記
つづいてシュピューラー

シュピューラー



---追記---(2011/06/02(木))
いつの間にか、楽天にお店が出てた。

---追記---(2010/07/01(木))
サイトが2つあるので、両方載せておこう。

いつからか、ポチェットの種類が3色に増えてた。更には!!
シュピューラー常備用ポシェット付 4,300円(税込)
も出来てた!! お得お得♪(「シュピューラー常備・携帯」との違いがちょっと分かんないけど)

それと、SP170の方だけど、画像が増えてた。ちゃんとキリモミ状で出てくるんだなぁ。
シュピューラーの常備・携帯セットをメーカーさんサイトで購入。SP170 は検索しても結構見かけるけど、ベージュの方はなかなか引っ掛からない。たまーに、痔主様のページなんかで見かけたり、病院の紹介文で見たりするけど。
spuler-jpn.comの方には5,000円以上送料も無料とある(co.jpの方にも、こないだまで常備用2つで送料無料とか書いてた様な気がしたんだけどな)。最近新しく「シュピューラーセット」 5,500円(税込)も出来たみたい。私の買った常備・携帯セットに、SP170 とそのポチェットが付いてこのお値段!!(通販の回し者かお前は) 常備・携帯セットが 4,300円なので、1,200円で SP170 とポチェット(合わせるとメーカーさんの実売価格でも 2,900円するはずなんだが‥‥)が手に入ることになる。両方欲しいなら、これはお得かもしれん。いや、ポチェット抜きにしてもすごくお得じゃないか。あまりに得すぎやしないか? 大丈夫ですか?シュピューラージャパンさん。潰れたりしないでね。

以前、Google検索したリンク先で SP170 が 1000円台の所を見かけたんだけど、リンク切れだった。ほかの売ってるサイトもいくつか覗いてみたけど、手間賃なのかな、高くなっている所も多かった。郵送料で済むメーカーさんのサイトで手に入れる方が安く上がる場合も多いかもしれない。

商品が届いた日、初めて目にした時は、何回も写真で見ていたはずなのに、まじまじと見つめてしまった。これを見て、○チ△ク浣■を思い出さない人の方が少ないんじゃなかろうかと思うくらい、イチジクライクな形をしている。色が肌色(実際には和色の蜂蜜色砥粉色(2009/10/12(月)訂正)の方が近い色かもしれない。(参照 in 和色大辞典

もっと可愛い色だといいのにと思って、あれこれ想像してみたけど、赤とか緑とかの容器も嫌だなと思い直した。(それはそれで気持ち悪い。グレーとかでも嫌だ。淡いクリーム色が好みだけど、それだと今の色とそう変わんないな。やっぱりこの色が1番か)

まずは相方に使ってもらう前に、メーカーさんのサイトに載ってる写真よろしく、手で試してみた。ピューッとな。確かに勢いはある。広告に偽りなしですゎ。水の出も悪くないし、当てるだけというより、ちゃんと「洗い流せる」感じがする。風呂場に手招きして相方の手にも当ててみたけど、お!とビックリしてた。好感触好感触。でも実際に使ってみねば分からんわな、こればかりは。

相方に使ってもらった。
出てくるなり、「これはいい! 電気のと変わらん」と喜んでた。水圧もかなりあるそうだ。「尻に穴が開く(もう既に開いているが←くどい)」とも言わなかったので、強さも良かったんだろう。結構気に入った様子。相方が気に入らないと話にならない。よかったよかった♪ さて、次は自分の番。感想をば。

本体やノズルなど
イチジクライクなコロンとした本体は、結構持ちやすい。
1番膨らんだ部分の径が割とあるので、その分を押し仕込むことで充分な水圧と噴射時間が得られるみたい。私はそんなに手が大きくない方だけど、片手でもちゃんと持てるし、結構な水圧も出せる。(正確性と手の疲れを考えて両手推奨(2010/07/14(水) 追加))素材は弾力があって硬くはないけど柔らかくもなくて、厚みも多少あるので、しっかりした印象かな。

使い始め間もない頃、一気にノズルの先まで水を入れようなどと、お馬鹿なことを考えて思いっ切り本体を握って潰したら、5mm くらいの筋が付いちゃったけど(可哀想なことをした)、全然問題なく使えている。(アホなことは考えてはいけません)
本体はもう少し大きくてもいいくらいだけど、携帯することとか、使う人の手の大きさとかを考えるとこれがギリギリなのかな。

あと、押した後の戻りがいいので楽。(いや~ファルウォッシュミニ with 1Lボトルの失敗が頭をよぎりますなぁ) これは水を吸い込む時にも言えることで、ギュッと押して容器に入れたら勝手に吸い込んでくれる。水を噴出させる時も、押し切った後は力を抜くと勝手に空気が入って行くので、それほど間をおかずに続けて水を出し続けられるし、最後の最後まで勢いのある水が気持ちよく使える。

すごくよく出来てるなって思うのは、本体自体の部品が、ノズルと本体とキャップ(穴が開いてるのでそこにノズルを通す形)の部分の計3つだけってこと。
キャップ部分の中側にはゴムパッキンが付いてるのかと思いきや、付いてない。それなのに、ノズルとキャップの合わせ目の部分から水が染み出ることがないのは、ちょっと不思議。素材とかが関係してるのかもしれないけど、この辺り、すごくよく出来ているなって思う。あと、ノズルの穴も、見る度によく出来てるなぁと感心する。この小さな雪だるまめ、やってくれるわぃ。
水量
本体に一杯一杯入れると 200cc。正確には、もうちょっと多いくらいかなと思うけど。家で使う時はノズルの先まで入れてるので、そうするともう少し多くなる。200cc でも確かに綺麗に洗えるので、本体にお湯を入れて持ち歩くだけの状態でも、大きな不満は感じないかもしれない。
ただ、個人的な感覚では必要最小限度の量かなって感じなので、350ml ボトルを持ち歩きたい気分。350ml あれば本体2個弱分だし、本体と別にそれだけ持ってたら合計 500ml 超える訳で。2個分あれば、しっかり洗えて気分もスッキリでしょう。
洗い心地
使ってみる前は、穴が2つ――それもくっついてるし、これでちゃんとシャワー洗浄みたいに洗えるのかなと思っていた。穴の大きさから考えても、お尻に当たった時にキツイんじゃなかろうかと。手動なので水圧を調節するにしても、威力が落ちて綺麗に洗えないのでは意味がないし‥‥とまぁ、そんな風に。
実際使ってみると、しっかり洗えるのに、意外と当たりはソフトだった。そうかといって、どこに当たってるのか分かんないってことも無い。本当、よく出来てるなぁ、第二弾。
買ったのは常備・携帯用だけど
一応、家での使用が第一目的だけど、持ち出すことも考えて、常備・携帯用を購入した。
携帯用だと、内側にゴム付きのキャップIIってのが付いて来て、本体にお湯を入れて持ち運べるようになる。

勿論、お湯を別容器で持ち歩くんであれば、常備用でも事足りる。ジッパー付きのビニール袋にでも入れてポーチにでも放り込んで、別にお湯を持ち歩けば常備用セットといえどもちゃんと携帯用として使えるもんね。その辺りは持ち歩く状態によって好きなのを選べばいい。

ポーチはあまり良いとは思わなかった。
ピッタリ過ぎるのか、形が悪いのか、ファスナーがあんまりなのか、使い勝手がお世辞にも良さそうではないなと思う。個人的には、巾着っぽい方が取り出しやすくていいような気がする。見た目を考えてかな?ファスナーポーチにしたのって。ジッパー付きビニールとかに入れて巾着に入れた方が取り出しやすくて良さそうだけど。あれだと防水出来るし。
でもキャップIIを手に入れる為には、携帯用を買わないといけない。仕方ない。この程度の出費は、シュピューラーさんに今後も頑張って続けていって欲しいので、払います。現在は、「携帯」の文言が付かないタイプでも「シュピューラー常備用ポシェット付」にはこのキャップが付いてる(2010/07/01(木) 訂正)
困った所
これと言ってないけれど、グルッと同じ形なので、相方にノズルの位置が分かり難いと言われた。ノズルを見ながらそのまま持っていけば問題は無さそうだけど、まぁ目印は欲しいよねってことで、本体側面の底に近い辺りに黒マジックでちょっとだけ縦に印を付けた。最初、ノズルとキャップがくっついてると勝手に思っていて、同じ位置で止まるからいいやと思ってたんだけど(最初商品取り出した時、外れてただろうにと自分でも思うんだけど、それは無視)、お湯を入れた時に、少し緩めに締めた状態ならノズルを回せるので、位置を微調整してからちゃんと締め直して、渡している。(マジックも何度か書いて消えてとやってたけど、仕舞いには慣れたので、消し消し)
お手入れ
全部洗えるから楽。洗剤で洗うと多少脆くなるのかな。ボディソープとかで軽く洗ったりしてるけど。

暫く使うと、このイチジクライクな物体がとっても愛しく思えてきた。ある意味危険な状態じゃなかろうか、(* ̄▽ ̄;Ahæ。
知人に勧めたくなる今日この頃‥‥。

あとね、馬鹿みたいなこともう1つ。
どうなるんだろうと、ノズルだけペットボトルに着けてみた。お!いけるかな!?と思ったら、力を入れた途端、お湯が漏れてきた‥‥。いい感じで取り付けられたと思ったんだけどなぁ‥‥。世の中そんなに甘くないのであった。(そりゃそうだろう)

でも正直、もし、ペットボトル用のシュピューラーのノズルが販売されたら、どのくらいの値段なら払うだろう?と自問自答。

ん~~2000円までなら払うかも。
でもまぁ、新しい商品を開発するのはコストがかかるし、長く続けて欲しいから、今のままでいいや。超携帯用はファルウォッシュミニっつうことで。

[PR]

我が家のお尻洗浄器事情 その3

by dugong156 | 2009-10-06 20:35 | 日記
あれこれ迷った挙句、とうとう買った。ファルウォッシュミニと、シュピューラー。
ファルウォッシュミニは楽天で2個買って、シュピューラーはメーカーさんサイトで購入。以下、感想。

ファルウォッシュミニ


本体
ペットボトルに装着するタイプのノズル。10穴だというのは前に書いた通り。シンプルな作り。プラスチックだし、全部洗って手入れ出来るのはいい。
この商品の場合、ペットボトルのお湯の確保だけが問題だけど、それが出来れば持っていればいいのはこれだけ。場所取らず。これは大きい。

相方のために買ったものだけど、ペットボトルに着けるという時点で、どうも気に入らない様子なので、使ってもらえないままこの商品は私用に。そうですかそうですか。このアイデアの良さはいいと思うんだけどなぁ。ま、仕方ない。
ボトル選び
さて、これを使うにはまずペットボトルが必要なんだけど、一体どれがいいのかな。炭酸系のが柔らかくてお奨めだとメーカーさんのサイトには書かれてあったけど。

ペットボトルが取り付けられるというので、ついついアホの虫が頭をもたげた。
暫く 500ml の商品を買ってなかったので、たまたまあった1Lボトルを着けてみようなどと考えてしまう。折角だから1回くらいやってみようかなと思っても罰は当たるまい。お湯だってたっぷり。ふふ( ̄ ̄ー ̄ ̄)
でも、己の馬鹿さ加減に気付かされるのに、そう時間はかからなかった。

両手じゃないと押せない‥‥。
おまけに押し難いこと押し難いこと!
両手でデッカイ1Lボトルを持ってる姿は結構間抜けだった。

おまけに、手動タイプって1回押すと空気が入る為にボトルが元に戻らなければ、次のワンプッシュが出来ないというか、押しにくい――ということに、実際使ってみて気付く。押し易そうだからと、表面がツンツルテンで胴体が円柱状のボトルを選んだんだけど、この形状でおまけに1Lにもなると、逆さまにして一旦水を押し出したら、自分で元の形に戻ることが出来ないらしい。凹んだまま戻らない容器を見て初めて気が付いた。このまま押したんでは水圧が出ない。空気を戻さないと‥‥。人力でひたすらボトルを押し押し整形して空気を入れて戻す。そうかといって角々したのだと、今度は硬過ぎるのと分厚いのとで押しにくいだろうな(生憎、四角いのは試してない)。
結構面倒だし、疲れた。

こうして、1Lボトルを使おうという無謀な試みは失敗に終わった。
結論:量だけ考えて、1Lボトルを使おうなどとは思わない方が良い。

その後、いくつかボトルを使ってみて、これが絶対いいよ!っていう形とまだ出会えていないんだけど、胴体の部分の窪みが縦横無尽に組み合わさっているとか、350ml みたいに角がしっかりしているようなタイプは押しにくいし(多分強度のためにそうしてるだろうから当たり前か)、押した時戻る時のペコパコ音が更に大きい気がする。
出来るだけ同じ方向に窪みが走っているような物の方が押し易そう。これは材質でもまた違ってくるし、難しい処だな。(具体的に名前が出てこないのは、ラベルを剥がしてしまってどのボトルだったか分からなくなったからという、非常に単純な理由からだったりする)
外国のミネラルウォーターにあるような、だるま落し状の窪みがあるのはどうなのかな。でも外国のだと口径が合わなかったりするらしいから使えないかしら。

戻り易さとペコパコ音と押し具合、このバランスが丁度いいボトルを探すのはなかなか大変だ。
10穴の使い心地
やっぱりこの穴の多さは、困ることもある。ソフトな当たりはとても気持ち良いけど、ここまで穴が多いと、どこで命中してるのかが分かり難い。ある程度水圧がないとしっかり洗えてるか心配。ペットボトルだと、圧力をかけるにはやはり両手じゃないと難しいし、穴の多さもあって割と力も要るから、力の弱い人は使うのは大変だろうな。自分としては大丈夫なレベル。
水量
やっぱり 500ml 1本分は欲しいと思った。これだけあれば何回か押せるし、両手でしっかり押して綺麗に洗える。
300ml ボトルが付いているファルウォッシュは、口径は違うけど、どうやら同じノズルみたいだから、単純に量だけ考えると、自分の場合、あちらでは水量で不満が残りそう。ただ、ボトルの材質が全然違うので、その辺で使い心地がまた違うのかもしれない。お湯を持ち歩けるなら問題ないし。
当たりが柔らかくて範囲も広いのは、生理の時に使うのにはいい。
ノズルの角度
使ってみて、ボトル選びもさることながら、気になったのはノズルの角度だった。鋭角なんだけど‥‥何でかなぁ? これがね、思いのほか使いにくい角度だった。検索で見かけた物のほとんどが、ノズルからほぼ垂直に水が出るタイプ。鋭角の方が珍しいかも。介護用とかで見かけた、えらく大きなタイプでも鈍角で調節できる物だった。
後ろから当てることを想定してるのかな‥‥。後ろからは、なんかやりにくそう‥‥。それに後ろからだと前に跳ぶことになるので、個人的には前からの方がいい気がする。
お尻に命中させるには、ボトルごと少々奥へ持って行くか、ボトルを身体に近づけるか、少し身体を後ろに倒すかしないと当たりにくい。全然当たらないとかそういうのではないんだけど。微妙に使いにくい。そういえば、使い心地を載せていたサイトにそれらしい記述があったけど、買う時にはあまり深く考えてなかった。
確かに、生理時の不快感を取り除くには良い角度。


つづく
[PR]

我が家のお尻洗浄器事情 その2

by dugong156 | 2009-10-06 20:34

携帯お尻洗浄器いろいろ


今までにも何度か、お尻洗浄器には興味が湧いて検索はしていたので、色々と商品写真は目にしていたんだけど、ハンディシャワレがとうとう壊れてしまったことで、どうしても買わなければならなくなった。これまで検索して見つけていた物にプラスして、本腰入れて探したことで見つけられた商品も含めてリンク。電池式では TOTO のもよく見かけるけど、ハンディシャワレで経験済みの、電池の入れ替えや電池代のことを考えると、非電池式にも非常に興味が湧く処。で、以下、検索して見つけた TOTO トラベルウォシュレットと非電池式のお尻洗浄器のリンク。説明が分かりやすい所とか。楽天の検索結果も。

トラベルウォシュレット(電子カタログ,要ActiveXの実行)(TOTO
電池の口と、水を入れる口が外側に付いているのは何となく安心。家ではお湯の確保は問題ないけど、携帯するにしても別容器で持つか出先での確保が必要になる。音は、やじうまミニレビューでは「それほど大きくない」とあったけど、動画を見た所ではハンディシャワレと同じくらいの音だと思う。公衆トイレで使うにはちょっと勇気が要るかな。本体はタンクを縮めるとかなりコンパクトじゃなかろうか。

お湯を入れての携帯は出来ないけど、電池式携帯用としてはコンパクトさを考えるとこれが1番かなぁ。この形状なら、もう少しタンクの量を大きく(200ccくらいに)して幾分高さが増えても小振りだと思うけどしないのかな?
Tobi Tobi
螺子を回してバネの力で圧力をかける半自動タイプの見かけない形式。韓国製で特許取ってるらしい。バネって聞くと、ついつい時計のゼンマイを思い浮かべてしまい、巻き加減が難しいのかなと思ってしまうんだけど、使ってみないとなんとも分からんわなぁ。でも電動と違って音があんまりしないんだったら外で使うにはいいような気もする。
写真で見た所、水圧も結構ありそうだけど、容量が 140cc とちょっと少なそう。水を入れる口の摘まみは持ちやすそう。お湯は入れて持ち歩けるタイプなのかな。ノズルの辺りの感じでは、倒したりすると危なそうだけど。お湯は別容器でってことだと、タンクの蓋が本体にくっついてないのは幾分心配要因かなぁ。トイレの中で落としたらコロコロ行っちゃいそうではある。デザインはシンプルでいいな。
ウォッシュケアライフケア技研
結構検索に引っ掛かってくる商品。これの良さそげな点は、ノズルを回して手軽にシャワーの量を切り替えることが出来る所。引っ張り出したりするより扱いやすいだろうなと勝手に思ってる。TOTOのノズルは切り替え時に先っぽだけ引っ張るみたいなのでそれと比較しての記述。ノズル本体はそもそも引っ張り出さないと使えない。(2009/10/11(日)16:58追加)
残念ながらイラストしか見つけられなかったけど、1穴と7穴の切り替えらしい。1穴だとそうでもないかもしれないけど、7穴で 170cc だと洗浄時間が一気に短くなるんじゃないかなと、ちょっと思った。洗浄してる満足感が得られるくらいの水圧を得ようとすると、穴が多いと押し出す力も結構必要だろうし。
携帯おしりウォッシャー
楽天で検索すると1番多く引っ掛かった商品。お値段的には結構お値打ちだからかな。ただ、楽天の感想を読んでみると、正直購入を迷う。その表面にデカくしっかりと印刷された「携帯おしりウォッシャー」の文字は、なかなか潔いけど、買うのに勇気が要る仕様だなとも思う。見せびらかす訳じゃないんで、それがどうしたという程度のことではあるが。
トラベルウォッシャー(株式会社ゴーウェル
見た感じは結構シンプルで好きなんだけど、確認出来た容量が 109cc とかなり少なめだった。別にお湯を持ってたとしても、入れ替えの手間なんかを考えるともっと容量が欲しい。
こういう形の物(少し楕円形に潰れた感じ)と円柱に近い感じの物って、厚みにもよるだろうけど、あんまり小振りで平た過ぎると、1度に指でギュッと押せる量が少なくて、その分水圧とかに影響が出てきそう。穴がどうやら2穴らしいので(楽天のいくつかの写真で確認)、そのお陰でどのくらい圧が出るのかなぁって感じ。
ハンディウォッシュ・スーパーwww.life-qol.net
これも比較的たくさん引っ掛かる。Amazon や楽天のレビューを見ると、いいという声も割と聞かれる。ちゃんとキャップが付いているのも、水漏れの心配が少なくて済みそう。値段が高いのではという声もあるけど、どうですかな。抗菌処理もされているらしいし。ノズルは3穴。
気になるのは容量が 150ml と幾分少な目なのと、容器の素材が硬そうなので、どこまでギュ~ッて押して圧を掛けられるのかなって点。
ファルウオッシュ・ファルウオッシュミニ有限会社ファルコン
正式名称は「ファルウォッシュ」。何で「おしりきれい」になってるのかは謎。まぁそんなことはどうでもいい。
ファルウォッシュは、容量 300ml とたっぷり目。ただ、このノズル、穴が10穴という多さ。1度で放出される水量自体が多い為、果たして300 が多いのかどうか。
ファルウォッシュミニはペットボトルに着けられるノズルだけのタイプ。試しに買ってみるのにも手頃な値段。(まぁ、送料が値段くらいする所もあるけど。中には送料の方が高い場合も) ペットボトルにお湯を入れて持ち歩くのであれば、手動でこれほどコンパクトな物はない。問題は、ボトルを何にするかであって‥‥。ミニの方を買ったら、暫くはどのボトルが1番良いかを比べる為、せっせとペットボトル収集に走るんじゃなかろうか。
ポケットシャワー(2種スタンダード・デラックス(2010/07/14(水) 訂正)神木製作所
「2種」と言うか・・・と思ったので、訂正した。スタンダードは 120cc ボトルのみ付属。デラックスの方はスタンダードのセット内容“プラス”、200cc ボトル本体とそれを装着した時に入れるためのポーチが付いてくるという形。(2010/07/14(水) 追加)
これは今回検索してて初めて見つけた。車用とか野菜用とかの洗浄機を作っているメーカーさんが作ったという商品(この手の商品では珍しいんじゃなかろうか。調べもしないで言ってるけど)。ほかの商品でもそうなんだけど、「1穴」がいいのか悪いのかが良く分からないんだな。シャワーっぽい方が綺麗に洗えて、洗浄後の汚水が変な所に飛ばなくて済みそうな気もするし‥‥。でも、洗浄機メーカー作というのがとっても心惹かれる。
量的にはデラックスに付いている 200cc のボトルも良さそげ。(セットだけど) ただ、使用感を知りたくて検索してもレビューっぽいのがなかなか見当たらない。使用している人は確実にいるという、痕跡らしきものは検索で引っ掛かるんだけど、リンク切れみたいで、ちゃんとした情報まで辿り着けない。メーカーさんの画像がもう少し大きいと噴射口の感じが分かりやすいんだけどなぁ。
シュピューラー・シュピューラーSP170(シュピューラージャパン co.jp com
これは手動式では結構有名処になると思う。まーえに検索かけた時にも結構いっぱい引っかかったし。ノズルがアメリカと日本で特許を取ってるそうな。2つの穴がくっつくような形で(上下同じ大きさの雪だるまって感じ)、ここを通るとキリモミ状の水流で出てくるらしい。写真での確認だけど、SP170は離れてるみたい(2009/10/16(金)00:45追加)
穴は離れていても、ちゃんとキリモミ状に出てくるのが分かる画像が追加されてた。(→シュピューラーSP170 携帯おしり洗浄器) ノズルの太さとか、そういうのの関係でベージュの方とは間隔が違うのかな。ふむ‥‥奥が深いのぅ。(2010/07/01(木) 追加)

200cc 入るベージュの奴と、白い携帯性を重視したSP170(名前の通り、容量が 170cc)がある。(SP170 の方は某俳優さんが愛用しているそうな) 容量としてはベージュの方がいいけど、その形状と色が何とも言えない雰囲気を醸し出していてですな‥‥。で、まーえは買わなかったのですよ‥‥。本体の大きさはこの2種類だけど、セット内容によって、白いカップが付いたり、キャップⅡ型ってのが付いたり、ポーチが付いたりするらしい。
最大の難点はその値段。特にベージュの方のセットは1番安いのでメーカーサイトで税込み3,800円。これを安いと見るか高いと見るか‥‥。サイトにあるお客様の声を見ると、すごく良さそうではあるんだけど。画像を見ると水の勢いが半端じゃないし‥‥。本当にこんな風に出るのかなと。
(¬_¬)
その他


つづく
[PR]

我が家のお尻洗浄器事情 その1

by dugong156 | 2009-10-06 20:32 | 日記
我が家は賃貸マンションで、尚且つ築20云年ということもあり、温水洗浄便座なんていう日本が世界に誇れる立派なものは残念ながら付いてない。

もうだいぶ前だけど、たまたま私の実家に夫婦そろって行った時、それ(実家では、1階にある洋式トイレだけ温水洗浄便座になってる)を生まれて初めて使った相方は痛く感動し、帰ってからもしみじみ「いいな」「気持ちよかったな」を連発していた。賃貸なので便座を替える訳にもいかず、考えた末に携帯用の洗浄器を買うことに。
そして、ナショナル時代のハンディシャワレを買った。これが我が家のお尻洗浄器第1号。2号も同じ商品を買った。2号機が2年位前だと思うので、1号機は4年位前かな。

ハンディシャワレ CH785



電源
電池は単三を2本使う。交換したての水圧は結構強い。電池の消耗とともに少しずつ弱くなっていく。消耗は結構早いかもしれない。(装着している穴の数で多少変わるのかな?) せめてアルカリは使わないと。エネループを使うと交換も楽かもしれない。
携帯性
携帯用とはいっても大きく感じる。携帯時にはタンクの中にひっくり返した本体を差し込むんだけど、タンクの上に 1cm程度出るくらいかな。綺麗にまとまりはするものの、素材や形状、電池のことも考えると、結構かさ張るって印象。まぁ、500ml のペットボトルよりは小さいけど。

中にお湯を入れて持ち歩くことが出来ないっていうのはどうなのかな、家は結局外へ持ち出したことがなかったから、その辺りの実感がないけど、例えば 500ml のペットボトルにお湯を入れて持ち歩くとして、それプラスこれってことになると結構な重さになるかな。
タンクの装着
溝がL字型っていうのか、グッと真っ直ぐ挿し込んで時計回りに捩る。
接合部分の水滴はちゃんと拭いておかないと、お湯が滴ってくる。本体の方のゴムパッキンは滑りも考えてか表面が結構滑らかで、断面が円形のゴムなので、それも理由の1つかもしれない。水気があって滑るようにはめ込めた時は大抵そうなるので、やり直した方がいいと思う。ゴムの抵抗が感じられる程度ではめる感じじゃないと。

---脱線開始---
どうでもいいけど「ねじる」って捩る/捻る/拗るって書けるんだな‥‥おまけに「捻る」は「ひねる(捻る/拈る/撚る)」でもあるらしい、ついでに「よじる」を検索したら「捩る」だった‥‥難しいなぁ、日本語は。(goo辞書で検索)。
---脱線終了---
水量
かさ張る分だけタンクの水量も多くて、1回分としては充分な量だと思う。
一応タンクには、ここまでっていう基準線が付いているので、恐らくタンク容量 220ml というのはそこまででの量だと思うんだけど、本体を挿し込んだ時、水面までまだ 1cm(弱かな)の余裕があるので、実際はその余裕分程度は多く入れられる。(差し込んで溢れない程度ってこと) まぁほんのちょっとだけど。
タンクの容量が 200ml を超えるものは検索してもなかなか見つからない。コンパクトさと相反する部分だから難しい所かな。
ノズル
ノズル先端の付け替え部分は5穴と7穴が付属してる。5穴で電池入れたてだと、お尻に穴が空く(いや既に空いてるが)勢いなので、相方のデリケートなお尻を考えて7穴を装着してた。(初期状態は5穴) 交換は単なる抜き差しで済むんだけど、大きさが小指の第一関節くらいしかなく、かなり固かったので、初めて外した時は少々手間取った。ちゃんともう片方の手でしっかりノズルの棒部分を支えておかないと、ポキッといきそうで怖い。頻繁にやってると緩くなるのかもしれないけど、付け替えるのが面倒でずっと7穴を着けたままだった。はめる時は外す時より楽。先端部分は小さな部品だし、もっと簡単に交換できるといいのにな。
使い心地
相方は結構気に入って使っていた。水流がビート洗浄っていうらしいけど、ピューーーーーッと同じ調子で出るんじゃなく、ビュゥウゥウゥウゥウゥウゥウンって感じ。水自体は続けて出てるみたいなんだけど‥‥上手く説明できない。
私も1度使ってみたけど、それで終わってしまった。ビート洗浄が好みじゃなかったのか、それともたまたま装着してた7穴ノズルがソフトすぎたのか、電池が消耗していて威力が弱かったのか、その辺は定かではない。何が好みなのかが難しい。
困った所
手入れ
洗えないのは困る。洗剤なんかも使わないようにとあるけど、そうも言ってられない。せめて除菌できるような物で拭くとかしないと手の脂だけでもヌル付くし。電池式はこういう所が不便だな。
電池ボックスの蓋
電池ボックスの蓋が、タンク側の面(水に当たる部分)にある。ほかに方法がなかったのかな。何も水に濡れる所に蓋を付けなくてもいいのにと思う。ただ単三電池で押して捩るあの蓋だと、上下どっちかに付けるしか方法がなさそうだけど。勿論交換する時は水気を拭いて外すけど、
スイッチの所のゴム
本体のプラスチックに 1cm程度の穴が開いていて、中からスイッチが顔を出し、それがゴムでカバーされている。
このゴムが、毎日使っている所為か直ぐに裂けてきた。本体のプラスチックの円い穴の形に沿って裂けてくるので、押さえる時に無理な力がかかってるのかな。ゴムもそう分厚くなく、それほど伸縮性がなさそうだし、ゴムの下に隠れているボタンの表面積もかなり小さいし。ただ、検索してもこの手の話が見当たらないので、我が家の使い方が悪いのかな? 常用にしてる人があんまりいないだけかな?

この本体の中は二重構造とかにもなっておらず、電池ボックスがむき出しで入っている状態。前述の水漏れと合わさると、使っている時にゴムの裂け目から水が侵入!ってことも起こるので気を付けないといけない。

1台目が結局動かなくなってしまったので、2台目を買った。同じように筋が入りかけたので、今度はビニールテープで早めに補強。進行は遅かったのものの、やっぱり裂けてきた。ん~~。この辺、どうにかならんのか。携帯用だから常用は想定外なのかもしれないけど。

結局、段々ボタンの反応が悪くなってきたというか、押しにくくなり、仕舞いには押してるんだけど素直にスイッチが入らなくなって来た。
ボタンの周りというのか、下というのか、裂け目から見える白い輪っかみたいなのがあって、ゴムが裂けたからズレたのか、ズレたからゴムが裂けたのかがはっきりしないけど(手が滑って床に落としたこともあるらしいので、それもあるかもしれない)、これがズレて、ボタンを押し込んだ時に当初の位置より深く入って行ってるような気がする。ある日、その状態に我慢できなくなった相方が、輪っかを外してしまったら、更に奥へ入ってしまった‥‥。(* ̄▽ ̄;A(やっぱり、部品は取らずにズレてるのを直した方がいいと思う) もう駄目。

3台目を買おうかどうしようか迷ったけど、仕様は全く変わっていない様子なので、いずれまた買い換えないといけなくなるのは見えてる。amazon だと 8,000円弱みたいだけど、この状態の繰り返しなら結局かなりの金額になってしまいそう。考えた末、別の物を探すことにした。

つづく

[PR]
      

私の人生無駄ばかり…そんな日々。
by dugong156
タグ
検索
最新の記事
EPSON の廃インク吸収パ..
at 2017-04-05 15:31
ハードディスクの容量確保で散..
at 2016-11-29 09:29
Windows 7のCドライ..
at 2016-07-23 11:27
相方、Instagramにパ..
at 2016-07-22 15:24
Office のソフトって結..
at 2016-07-06 00:51
記事ランキング
ブログジャンル