S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

タグ:ゲーム ( 23 ) タグの人気記事

久しぶりにFlashゲームをしてみる

by dugong156 | 2008-09-07 00:01 | パソコンあれこれ
暫く Flash ゲームはご無沙汰してたので、久しぶりにプレイしようかなと思い、ゲーム紹介サイトへお邪魔した。



1つ目は『地底王国 美川ムーバレー』をプレイ。
山口県岩国市美川町に実在するテーマパーク美川ムーバレーの世界観を基に作られたゲームらしい。サイト間の直接の関係はないみたいだけど、中の様子とかは結構そのまま題材として使っていたりするようで、ゲームに浸った後は、実際にその世界を見に足を運んでみたくなる。

2つ目に『Dr Dokkoy』をやりかけて、方向指示のマークがどこかで見たことがあるなぁと思い、何気なく Home を覗いたら、以前プレイした、『JINJA』というゲームの作者さんの作品だった。何と、あれからいくつか作品が出来ていて、『Dr Dokkoy』は4作目。こりゃいかん、ちゃんと順番にやって行こう――ということで、2作目の『Escape from Island』からプレイ。

暫しゲームに興ず。
[PR]

最近はまったゲーム

by dugong156 | 2007-12-26 00:06 | パソコンあれこれ
この所、はまってしまったお気に入りゲーム。


少し前に、ゲーム紹介サイトで見つけました。(どこだったか忘れた)
LiveMaker というソフトで作られているそうです。所謂「乙女ゲー」をたまにプレイしたくなるのは、以前プレイした「魔女の遺言」が発端なんだけど(気に入ってるゲームの1つ)、自分は絵にかなり好みが偏っているみたいで、ストーリーは良さそうだけど、絵を見た途端やる気がゼロになった――というゲームも数多く‥‥。誰でもそうか、好みはあるますわな。

そんな中、やっと見つけたのがこの作品。世界観は1つにまとまっているけれど、話自体は別物なので、単体で楽しめる。でも両方プレイした方が絶対にいいと個人的には思ふ。

「LiveMaker が」なのかどうかは分からないけど、最初、折角のオープニングムービーが、音が途切れて途中でブチ切れ後、ゲームのメイン画面に飛ぶという状況になって、困りました。音楽も素敵でいい感じなのに‥‥。どうしようかと思ってたんだけど、ある日ふとフルスクリーンにしてみたら、音も滑らかに再生されるし、ムービーの再生自体も途切れないと分かったので、以来フルスクリーンで見るようになりました。

解像度が低くなった時の ATI の警告ウィンドウが15秒なのが面倒。
[OK]だけあるメッセージボックスで、ただ押しさえすればすぐゲーム画面に行けるはずなんだけど、なぜか[OK]を押すとウィンドウが最小化されてしまう“だけ”(解像度変わらず)になってしまう。あれこれやってたら、解像度が低くなった時、早目にゲームの画面をクリックして、15秒我慢すればいいみたいなので、そうしてるけど。ちょっと面倒だけど仕方ない。

この15秒という時間、どうにかしたら短くなるのかな? 何かレジストリいじくったら変更できるとかかな?(そんな記憶があるようなないような‥‥それとも別のことと勘違いかな。記憶がはっきりしないや)
でもほかのゲームだと大丈夫だったりするから、たまたまかな。方法分かったんだから、まぁいいか。

---追記---(2008/02/09(土))
その後、別のダウンロードしたゲームをプレイしようとして同じような警告ウィンドウが出た時にちゃんとクリックできたので、それ以後このゲームでもすぐに切り替わるようになった。(結局そのクリックできたというゲームは最後までプレイしなかったので警告ウィンドウの[OK]ボタンを押すためだけに使われたという申し訳ない状態に終わった訳だが…)
---追記ここまで---

書くの忘れてた。
どちらも面白いんだけど、2作目ということもあってか、LORD の方が凝ってる感じ。プレイした時、不覚にも泣いてしまったのです。

主人公が非常に可愛らしい。女が女に――そう、主人公への関心などというのは、この手のゲームだとそう強くはないはずではと高を括っていたのに、何の何の非常に魅力的。言葉遣いも独特なので、最初は妙な感じがするんだけど、どんどんと引き込まれていって、彼女を愛らしいなと思うようになってくる。

具体的には言えないけれど、個人的に主人公が子供の頃のシーンの台詞が好き。
思わず微笑んでしまう。物語の進行と重なって、悲しみと愛しさが渦巻く不思議な気分になる。

ゲームというより(選択肢で分岐するので勿論しっかりゲームなんだけど)、たくさんのストーリを含んだお得な読み物を読ませてもらったなという感じ。ゲームと謳ったノベルは好きではないので、気に入ったのは絵の力も非常に大きいと思う。
私はどうも物事を瞬時に把握するという能力には長けていないので、根底にあるストーリー(というか事の成り行き)を理解するのに少々時間がかかったけれど。

乙女気分に浸りたい時には、ええゲームでっせ。

---追記---(2008/01/05(土))
そうでしたそうでした。音楽もいいのです。
作者さん、クラッシックがお好きだそうで(掲示板で読んだ)、たくさん使われています。OPムービーでも使われているこの曲もクラッシックだと思われます。HOPE でも使われていた曲です。ん~何という音楽でしょうかね、題名は知りませぬが、スティーヴ・マーティンの確か‥‥「マイ・ブルー・ヘブン」の中で使われてたような‥‥。「愛しのロクサーヌ」だったかな‥‥いや、前者だと。今度見返して曲を調べようかな。(それは歌詞が付いてたのでビデオで見た当時はクラッシックだとは知らなかった)

---追記---(2008/01/06(日))
個人的に好きなキャラクターは、
HOPE ではオルフ=バートル、LORD ではルアーダかな。
皆様なかなか手強くて、予想外の言動をしてくれるので翻弄されまくりでした。
それと‥‥LORD の中に編みこまれた真実の物語を理解するまでに(人物が発する言葉の意味を理解するまでに)暫くかかりましたです、はい。分かって見ると、非常に味わい深い‥‥。知った上で各エンディングを見ていくと、なんとも不思議な感覚に陥るかもしれません。

---追記---(2008/03/03(月))
書くの忘れてた。もう少し経ちますが、とうとう18禁バージョンを購入したのです。お金を出して同人ゲームを買うというのは初めて。そうとう気に入ったのでしょう。そして“萌えた”のでしょうな。いや、勿論不純な動機も‥‥。
(* ̄▽ ̄;Aホホホ

日記の前の方で、2作目だけあって LOAD の方が凝ってると言いました。わたくし、嘘をついておりました。知らなかったとはいえ、お恥ずかしい。
HOPE もすごく良いです。ラサさん LOVE になってしまった私でございます。

---追記---(2008/03/05(水))
ウィンドウモード時のオープニングムービーについてのその後
[PR]

Die Anstalt

by dugong156 | 2007-12-07 22:05 | パソコンあれこれ
久しぶりに行ったら、患者さんが増えてた。カメさん登場。

ただ‥‥今までは何となく内容が分かったんだけど‥‥今回は原因は何となく分かるものの、何がどうなって元気になったのかがよく分からない‥‥。
(* ̄▽ ̄;Ahæ
[PR]

LIEBENDER

by dugong156 | 2007-11-26 11:53 | パソコンあれこれ
ゲームしようといくつか Vector でダウンロードしていたんだけど、絵が受け付けなくて却下することいくつか‥‥。ゲームするのが目的とはいえ、絵はかなり重要な要素。個人的に感情移入できないようなイラストではじっくりゲームも楽しめませぬゆえ‥‥。

LIEBENDER


ダウンロードしたまま暫く放置していたので、ようやくプレイ。
個人的には好きな絵。グラフィック担当のアイゼン伯爵(伯爵の後は「さん」は要らんよな)のサイトへ行ってみて、以前プレイした「4号館の事件」の絵の方だと気づく。そういえば、よくよく見るとそうかも。あらまぁ。あちらは舞台も日本でしたし、服装も登場人物の年齢とかもまちまちだったので、全然気づきませんでしたよ。そうでしたか、そうでしたか。

LIEBENDER(リーベンデール)(個別ゲーム情報サイト)
LIEBENDER (in Vector
同人ゲーム - S STYLE -


それにしても、このゲームのオープニングムービーを見た時の衝撃はすごかった。素人(といっては失礼だけど)が作ったとは思えない完成度。音楽も何だかすごくイメージと合っていて、意味もなくドキドキしてきたりして‥‥。
ただ、凝ってるだけあって、さすがに自力では最初の数回だけで、後は攻略見ながらになってしまった。セーブはたくさん出来るようになっていたけど、。

迎えたエンディングが増えれば増えるほど、ハインが可哀想だと思えてくる。ハインの悲しい心に触れるためにも、両サイドからプレイするといいと思う。
1度プレイした後に、別の人物の視点でプレイするというのは初めてだったんだけど、結構面白いなと思った。推し量れていた部分が当たっていたり当たっていなかったり、読めなかった部分が見えたりするのは楽しいもんだな。私はせっかちだから、ゲームをプレイするより内容が早く見たくて、ついつい攻略に頼ってしまうけど。
[PR]

ここ最近プレイしたゲーム

by dugong156 | 2007-11-23 00:10 | パソコンあれこれ

夢幻夜


サイトの掲示板見ずには解けなかった‥‥。難しい。


アキトDATE~凶行の違和感~


結構面白かった。アニメを見てるよう。ゲームの絵で笑わせてもらったのは初めてかも。
残念だったのは、エラーで強制終了してしまうこと。今のコミックプレーヤー(2かな)は XP と相性が悪いんだそう。
事前に検索して覚悟して導入したものの、ここまでひどいとは思わなかった。なりませんようにと祈りながら使ってたけど結構早い時点でお目見えした(笑)。一時、諦めようかと思ったくらい。レジストリをいじったりは面倒なので、どうしようと思ったけど、デスクトップテーマを一時的にクラッシックにしてみたら、多少マシだったかなと思う。
不具合対策として強制終了した地点に出来るだけ近い所からゲームを再開できる機能をつけてはくれているけれど、戻っても即エラーとかあったりするので、自分でこまめにセーブしながらというのが一番確実かなと思った。一応コミックプレーヤーは入れたままにしておくかな。


[PR]

USBゲームパッドを買う

by dugong156 | 2007-11-09 10:02 | パソコンあれこれ
マウス用のユーティリティを探していて、ゲームパッドの操作をキーボードの操作に変換してくれるユーティリティがあると知って、炎のゲーマーでもないのに、何となくツクールのゲームをゲームパッドでプレイしてみたくなり、エイデンで買ってきた♪
f0007197_22473076.jpg
980円也。
ELECOM のホームページの写真だと、もっとボタンが薄いグレーみたいに見えるんだけど、こっちの方が古いのかな、かなり黒っぽいグレー。(んなこたぁどうでもいいが)
レトロ風8ボタンUSBゲームパッド - JC-U1608Tシリーズ

JoyToKey


見つけたソフト 「JoyToKey」を Vector からダウンロード。RPGツクールはキーボード操作だから、そのままじゃうんともすんとも言わないのであった。(仕組みはよく分からんが)

USBを差し込むと、ジョイパッドとして認識。ほ~。
ささ、これから暫しゲームそっちのけで設定のお時間です。

取り敢えず、JoyToKey でいくつかキーを設定してみた。十字キーに各矢印を設定して、動きはどうなんだろうと、1つゲームを起動させて使ってみた。押してる間は動くのかと思っていたら、動かなくて連射とか何とか色々やってみたけど、どうも上手く行かず、ほかにも色々あるかなと思い、暫くしてほかにもいくつかダウンロード。結局一番 JoyToKey が自分が使うには一番いい機能を持ってるんだなと再認識して戻ってみると、普通に押してる間だけ進んでた‥‥あれ?(* ̄▽ ̄;Aおかしいなぁ、動かなかったんだよ、さっきは。悩んで損した(笑)。まぁいいか、ほかのソフトも見ることが出来たし。

この JoyToKey ってソフト、私には使い勝手がいい機能が付いている。
キャプチャ画像を Capture STAFF -Light- で取り込む時に、[Shift]+[F2]で行うんだけど、1つのボタンに3つ(まで)キーを設定できるから(1つ目から順番に押すとのこと)、2つ設定しておくと、パッドのボタンを1つ押すだけで画像の取り込みが出来るようになる。お~便利便利♪ 今、「夢幻夜」をプレイしてるんだけど、「夢幻夜」では特に問題もなく上手く動いてる。良好良好♪ 試しにまだプレイしていないまま置いてあるほかのゲームもちょっと触りだけ動かしてみたけど、アルファベットキーの操作のものでも何故か動いてるから、このままの設定でいいか♪ ( ̄ー ̄)ふふふ♪

更に、設定したボタンを押している間だけ、一時的に2つ目の Joystick の設定を使う――という機能もあるので、買ったのは8ボタンだけど、実際にはもっとたくさんのキー操作が出来ることになる。これも便利。[SELECT]キーを一時的に切り替える設定ボタンにしておいて、アプリケーションの切り替えも出来るようになった。すごいソフトだなぁ。

JoyToKey (in Vector

パッドキーの方はというと、操作はおおむね良好。
時々、気が抜けてたりすると十字キーの押しが足りなくて歩きが止まってしまうことがあるけど、持ちやすいし、いい感じ。

暫くこのパッドでプレイを楽しむぞ~♪
[PR]

ゲーム【オシチヤ】

by dugong156 | 2007-11-01 16:17 | パソコンあれこれ
何でFlashゲームなんて書いてたんだろう‥‥(恥)。ツクールです。(2010/10/12(火) 追加)

オシチヤ (in Vector
■作者さんサイト 小麦畑

「マヨヒガ」の作者さんのゲーム。これは更に難しい。人を変えたりというのがあまり得意ではないんだけど、これは結構楽しめた。キャラクターが可愛い。妖怪たちも可愛い。〈絶対こいつらアホ〉と思える【カマイタチ】の台詞がお気に入り。

攻略サイト見ながらでも何か大変ぢゃったわぃ‥‥。鏡の「つながり」の意味を理解したのがだいぶ経ってからだった‥‥。もっと早く理解してたらもうちょっと楽だったのにぃ。(要するに自分の所為)(* ̄▽ ̄;A←あほ
完全コンプは相当疲れそう。一応全エンディングは見たってことで終わりにしようっと。

自分用覚え書きいくつか。

【闇のもの】のいるコの字型廊下の灯り

気持ち悪い【闇のもの】。ここの灯りを点ける方法は、女の子が点けても、火吹き婆に点けてもらってもOKみたい。特に後の流れに違いはないみたいだけどなぁ。女の子が点けるのに使うものは言わずもがなだけど、火吹き婆の場合は、人手が足りなくてブツブツ言ってる婆の悩みの種を取り除いてあげればOK。ちょっと機嫌が良くなってこっちのお願いを聞いてくれる。(怖い顔して結構いいヤツだったりする) 先に愚痴を聞いていない場合がどうなのかは未確認。

狐の面の使い道

【スネカクシ】が被って一つ目小僧に会ってみる。(こやつ愛いやつ。閉じ込められても怒りもしないし‥‥。いや、気づいてないのかな、あれは。天然だな) このアイテムって、補助的使い道かなぁ。お面被ったスネコスリと小僧はカワイイ。

釣れたものによって

やってみたら、誘える「鬼」の数が違ってた。ほかの妖怪の人数はどう違ってくるのかはよく分からないけど。(なまず:5[全員]、鯉:4、ザリガニ:3)
たまに変なのが釣れる‥‥あれは一体何なんだろう‥‥気になる。
人魚は火吹き婆が合い入れたくなるくらいの珍品らしいが、呼べる[呼ばなきゃならない]人数がかなり多くなってしまって、あたしゃ集められんかった。(頑張ったつもりでも「あと2人」とか言われて却ってしんどかった) 色んな意味で【ナマズ】が適当かなぁ。基本的には喋れる相手しか誘えないらしい。(一部当てはまらないのもいるけど‥‥あ、家の中のだけっつうことか)

鬼の面

火吹き婆の手伝いをしている時は3回くらいまでしか使えないみたい(鑑定してもらった)だけど、火吹き婆からもらった後は7回くらいまで使えるようになっている。(お茶汲みと船盛り運びだけやった直後に釣ったものを出し、その後の手伝いなしでもらえた場合でも回数は同じだった) 使用回数は妖怪と話すと減っていくそうな。当たらないようにしないとね。

酒や船盛りを持っていく時は

出来る限り妖怪とは話したくないんだけど、上下どちらから入っても1回は話かけられてしまうじゃぁないか。真っ直ぐなので下から入る方が楽。

烏天狗

烏天狗のいる場所まで行かずに、2つ目の葉っぱの上に乗った時点で方向転換して陸地へ戻ると、2つの葉っぱは沈んで、悪徳商法に引っかからなくて済む。後で見に行くと、放置プレイの烏天狗が‥‥。そんな天狗が可哀想なら光り物を持ってカツアゲされてあげてもいい。そういえば宴会に誘ってみたけど交換の話ばかり。ヤツは誘えないのかな?

鬼の賭博場で勝負を挑む時は

小判必須。但し、盗ったサイコロ(鬼がいても盗れるけど、ちゃんとその前に‥‥)はスネコスリに必ず持っててもらうこと。勝負に勝ってもらえる【風踏む草鞋】は歩くスピードがアップするボーナス的なアイテム。取れなくても特に問題はない。(口惜しいだけ) 絶対取りたいならセーブを忘れず。

お札を全部(7枚)揃えるには

邪魔になる妖怪を全員宴会に誘えばいいのかな。
宴会に誘うためには釣りが必要――だから、最低限、破れ唐傘、提灯→鬼灯は必要ってことだな。
それ以外の方法で、
歌の紙片か火鼠の皮衣は必須。歌の紙片があれば皮衣は不要だけど、鏡を上手く使えば灰壺は無くてもいけるのかも。
どの道、対策をしておかないといけないのは、表の世界の扉がいっぱい並ぶ回廊(目が‥‥目が‥‥)と、天狗のいる庭園の中島(合ってるかな?)への通り道(道というか何というか)かな。


何かゲームとかソフトの検索スパイラルにはまっているうちに、「アレックス症候群」という言葉があると知った。検索にはあんまり引っかからないけど。

RPGツクールのゲームでツクールに元々入っている素材(キャラとか)が出てくるとゲームする気が失せるという症状らしい‥‥。RPGツクール2000のデフォルト主人公の一番目が「アレックス」という名前でそこから――という記述を見かけた。へーそんなのあるのか‥‥。
オリジナルじゃないってことにショックを受けるとかそういうのかな? 何度も見て飽きたとか? アドベンチャーゲームだと気にならないのか、私自身が気にならない性分なのか、今まで意識したことなかった。面白い言葉だなぁ。
[PR]

【Tomb of the Mummy】が解けん

by dugong156 | 2007-10-03 10:58 | パソコンあれこれ
Flash のゲームをしようと探していて、GamershoodPoint and Crick の中で、【Tomb of the Mummy】というのを見つけてプレイしたんだけど‥‥。最後の方が解らない(―_―;)。

5色の虫の絵があってボタンになってる。検索するとこれは「スカラベ」というらしい。
スカラベ - Wikipedia
要するに「ふんころがし」だった。何か、名前が違うと神聖な感じがする。

最後の最後で扉が開かない。ん~。

スカラベをクリックすると下にある石が飛び跳ねるんだけど、
各スカラベによって移動する向きや移動量が違うので、それを利用して石を台座の下の方にある爪みたいなのに乗っける。石の1つはすぐ分かるけど、もう1つは、画面を変えた所にいるスカラベの手中に‥‥。でも持ったまま画面は切り替えることは出来ない。ポイントは「隅々まで見ること」。どこか違う部分が見えてくる。2つの石が台座に揃ったら、今度は台座の上にある石。最終的には台座を倒す。どっち側に倒すのかは画面見れば何となく‥‥。スカラベをクリックして、倒す方向側に石を寄せ、時々音と共に台座が揺れ始めたタイミングを見計らって、一番大きく揺れるスカラベをクリッククリック!
倒れたら、ギロチンが現れる。と、同時にドアの上にある壁画にも変化が。
色の通りにスカラベをクリックし続けていると、段々とギロチンが下がってくる
――で‥‥ここで行き詰った‥‥。あと少しらしいのに‥‥(―_―;)。
[PR]

夢電

by dugong156 | 2007-08-23 03:53 | パソコンあれこれ
【かぐや】の作者さんの第1作目。

ゲームの紹介サイトから行って、ページのテキストをよく読まなかったため、ほかのゲームがあることに気づかず、後先でプレイすることになってしまったけど、これもまたプレイしてよかった――と思える作品でした。

ノクターンは大好きな曲。(という割には、正確には「ノクターン第2番 変ホ長調 作品9-2」という名前だと、今回調べて初めて知った。「ショパンのノクターン」は種類がたくさんあるらしい)
お陰で脱出ゲームなのに、ゆったりした気分でプレイしてました。
モノトーンの車内と所々に見える色が感じさせるのは遠い現実の世界。抜け出せるのか、抜け出せないのか。抜け出すか抜け出さないか‥‥選ぶのはあなた‥‥。

お気に入りは窓の外のパズル。
妙にあの操作感が好きで、何回やっても飽きない。パズルが解けた瞬間、目の前に広がる暖かい光。結構感動。

冒頭のアニメーションは男の子のキャラクターがすごく可愛くて、かぐやとはちょと違う絵のトーンだったので、ちょっとビックリしました。走る姿に感動。大変だっただろうな‥‥。
[PR]

かぐや

by dugong156 | 2007-08-20 00:40 | パソコンあれこれ
気分的に Flashゲームにシフトしている様子。暫くプレイしてなかったし‥‥。

【かぐや】をプレイしました。以前にやろうと思ってオープニングだけ見てそのままになっていたので、今度は頑張ってやってみました。雰囲気がとても素敵なので、やんわりとしたものかと思っていたら、やられた‥‥(* ̄▽ ̄;A修行は嫌ぢゃ~~。慣れるまで大変でした‥‥。

エンディングはいくつなんだろう? まだあるんだろうか?
一応、私が迎えることが出来たのは逃亡編と再臨編と完結編の3つでした。この順番で迎えたんだけど、最初のが結構気に入っています。



---追記---(2007/08/20(月))
どうもまだまだあるらしい。がんばらにゃぁ。

---再び追記---(2007/08/20(月))
やっと全部のエンディング見ました。ふぅ‥‥。あと1つがなかなか分からなくて、検索。最後に見たのが無惨編とは‥‥(* ̄▽ ̄;A
[PR]
      

私の人生無駄ばかり…そんな日々。
by dugong156
タグ
検索
最新の記事
トイレの便座を替えた話
at 2017-11-04 19:44
EPSON の廃インク吸収パ..
at 2017-04-05 15:31
ハードディスクの容量確保で散..
at 2016-11-29 09:29
Windows 7のCドライ..
at 2016-07-23 11:27
相方、Instagramにパ..
at 2016-07-22 15:24
記事ランキング
ブログジャンル