私の人生無駄ばかり…そんな日々。


by dugong156
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

長い前置き


パソコンを廃棄するにあたって、やらなきゃならないことがある。
データの消去――面倒だけど仕方がない。

実は廃棄のため、データを綺麗さっぱり消去するのは初めて。
以前、捨てる気だったがまだデータ消去もしていない Libretto L1 と
捨てる気になれなかった想い出の FMV-BIBLO NUV16D
(相方と出会った時にメールのやり取りをしていたパソコン)を
家に帰ったら相方から処分したと告げられた。(あのなぁ)
まぁ相方は私と違って、その時のパソコンなんぞ、十の昔に捨てとったが。
少し行った所に処分している業者のおっちゃんがいたらしく、
ハードディスクをガシャン!ガシャン!と壊しているのだそうな。
そこへ持って行って処分をお願いしたとのこと。
処分してしまったものはどうしようもないので腹は立たなかったけど、
相方も人を見る目はあるが、完全には不安を拭えなかった。

そういう経緯もあって「データを消さないと駄目だ!」と意気込む私を
「何を大層に」
「そこまでやる必要あるんか?」
「大した中身は入ってない」
という顔で相も変わらず冷ややかに見ていたが、大層なことなんだよ、相方。

最近でこそ、ネットを見ていて危うい警告の広告は危ないから
「クリックしちゃ駄目!」「何か変なの出たらちゃんと言うように!」
という言葉をちゃんと守るようになったけど、自由人は兎角情報漏えいには疎い‥‥。
でもその割には、某ファミレスチェーンの携帯会員か何かに登録した直後から
変なメールがたくさん来て、えらく怒っとったな(笑)。

フォーマットするだけじゃ駄目なんだよね‥‥と自問自答。
お金もかけたくはないし、ここはもうフリーソフトを探すしかない。
検索すると、すごい名前のがあった。その名も「DESTROY」。

その名は「DESTROY」


窓の杜やVectorで紹介されてるソフトだから一度使ってみようかと。


Vector からダウンロードしてきたものの、
「DESTROY」の「使用説明書」(DESTROY.TXT)を見ると無理そうと感じたし、
USBメモリで使うには遅いという記述もあってどうなんだろうと少し不安になった。
ということで、いつものように検索。楽天ウェブ検索を使っているので Googleとは少し検索結果が違っているかと思うが。


USBメモリで使っている人もいるようだった。
よくよく見たら DESTROY の使用説明書の日付は2001年。
パソコンの性能も、USBメモリの性能も上がって、
ちょっとは早くなってるかな?と楽観視して、
使えるUSBメモリが丁度あったのでそれを使うことにした。

先人の道しるべを頼りに‥‥。
結構、皆さん参考になる記録を残してくれているので、
あちこち覗いて画像なども見ておくと心強い。
(とはいえ、ざっくりの私のこと、何度か相方のパソコンと自分のパソコンを行き来していた)
後からも色々見たので実際にはもっとたくさんお世話になったんだけど、メインで作業の参考にさせてもらったサイトを順にメモ。

「1」で紹介されているのが下記サイト。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

で、別ルートで検索している内に、同じサイト内の新しい説明も見つけた。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

説明が分かりやすかったので、USB起動ディスク(正確にはUSB起動メディア?)を作るのも、
ここで紹介されているソフト「Rufus」を使ってみた。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

f0007197_12203372.png

ダウンロードした Rufus はこんな状態。もうこれが実行ファイル。
アイコンが何か可愛かったので姿を紹介。


f0007197_12245395.png

USBメモリを挿した状態で Rufus を起動すると、こんな感じ。



f0007197_12252357.png

[詳細なドライブ プロパティを隠す]や[詳細なフォーマット オプションを隠す]を表示すると何もしない状態でこの状態。設定は変えずに使った。

起動ディスクが出来上がったので、DESTROYのフォルダから「DESTROY.COM」だけをコピー。使用説明書の「5.使い方」はここから始まる訳だ。

起動ディスクを選ぶのに、パソコンを起動させた時に連打するボタンはF何番やっけ?と分かんなくなり、適当に指3本で押してたらその画面が出たので選んだ。

画像を撮るのを忘れたので、あとは先人の画像を参考にされたし。
何事もなくすんなり行ったかというとそうではなく、
実際の作業の時、説明書きをうろ覚えでやってたから、
まずは「DESTROY」を「DESTOROY」と入力して不慣れなDOS画面から
何度も「んなもんねぇよ」と叱られた。
最初に「N」を押して消去するドライブを変更しないといけないのをそのままやっていたり‥‥。
「N の初期値は F(多分無いディスク)になっています。」の部分をすっかり忘れていた。
作者さんの「事故を防ぐため」の一言に感謝しかない。
捨てるパソコンだったから良かったものの、
あーた違う設定とかになっていたら恐ろしいことに‥‥。

ディスクを選択せずに初期状態でやろうとしてて失敗した時に、
やり方を確認しようとして行き当ったサイトがこちら。
画像が目に飛び込んできて失敗に気付いた。ありがたや。
但し、こちらの先人は CD-ROM を使われているので、必要な部分を参考に。


メニューの画像を見て、「あ‥‥(存在しないディスクになってるから)選ぶんだった‥‥」と気付いた次第。情けない。
消去のタイプは今回は「3」にした。
初めてなので「0」の方がいいのかなとも思ったんだけど、
「米国国家安全保障局の勧告による消去方法です。」と聞くと、
何かやっておきたくなる。(意味不明)
ただ、深く考えずに説明のその前にある「ディスクを3回消します」を見ていなかった。
私の頭の中では「アメリカの国家安全保障局が勧めてるくらいすげーしっかり消す」←このくらいの認識。
待ってる間、私のパソコンで先人のページを渡り歩いてる内にそのことに気付き、
どのくらいかかるのかとちょっと焦った。
相方のパソコンは古い方はネットには繋いでこそいないものの、
1台のモニターを使って切り替えて使えるようにしていて、画面を切り替えて放置しておけばいいだけの話だったんだけど、何か落ち着かなくて、そのまま画面を出して様子見てたので。相方が落ち着かなさそうにジーッとしてるからこれは大変だと‥‥。
単純計算して3倍かかるってことだ。
「まだかかるのか」という顔をして横で眺めている相方に
「ずっともっとかかるよ」と冷めた言い方をして
(だって‥‥私だって調べて一生懸命やってるのだ)、
パソコンに向かっておりました。暫く放置したりして。
時間の余裕がある時にした方がよいですな。

時間計るの忘れた‥‥。2時間は優にかかったと思う。
セクター(と読むのであろう恐らく)が3つ‥‥
最初ので37分だったか47分だったか残り時間が出てきてたから、×3 くらいかな。
その後は放置していて時々覗いたけど覚えてない。

終わって全部のデータがゼロになってメニューから出てしまって、
Aドライブだったのかな、何かそんな感じの表示が出てた気がするんだが、
《どうやって切るの~~?》と慌てた。
メディア抜いて、そのまま電源落とせばいいだけだった。ふぅ。

実は私の Dell のパソコン(XP)もそのまま置いてる。
ブルースクリーンが出始めて、慌てて今のノートを買った。で案外買うと大丈夫になったりして(使用頻度が下がるからかな)、捨てるタイミングを逃したまま、今に至る。
今度やってみるかな‥‥。

これって、相方のパソコンで練習したようなもんだな‥‥(* ̄▽ ̄;Ah&aelig。

[PR]
# by dugong156 | 2018-09-25 14:01 | パソコンあれこれ