人気ブログランキング |

私の人生無駄ばかり…そんな日々。


by dugong156
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Free Typing

今の仕事をし始めて(ってまだ研修中の身ですが)、タイピングを練習する羽目に陥りました。

タイピングのソフトはね、ず~~~っと昔に買った【タイプコップ】(ソースネクストのソフト。現在は、改題されて【特打コップ】になっているらしい)があったんですけど、それだけじゃ駄目なので‥‥。何かないかなと、いつものように Vector でソフト漁り‥‥。

タイピングソフトはそれなりにありますが、遊び要素が高いものを除くと、そう多くはありません。
(文句言うな、タダで探そうとしているくせに――というツッコミは無しということで)

それと、自分が問題を作れるようなものがいいので、それも条件として加えて、選んだソフトがこれ。

Free Typing
見た目には何の飾り気もありませんので、可愛いのがいいとか、洗練されている方がいいとか、そういう好みの方には向きません。極めてシンプルなので気に入りました。

キーボードの位置がまだ覚えられていない人には基礎練習モード、変換作業無しで入力のみということであれば実践演習モード(ひらがな編)、変換作業をしながらならば実践演習モードの(漢字仮名交じり編)が用意されています。
問題を打ち終わると、一文字打つのに何秒かかっているかや、どのくらい[BackSpace]キーを使ったかが表示されます。(1文字につき1カウント) 誤打は限りなく少なくなる方がいいので、目安になると思います。カウントを見て結構押していることに気づくかも。

問題ファイルは問題そのものが書かれている dat ファイルと、そのファイルの問題の数やランダム出題の設定などを記述しておく ini ファイルのペアになっています。このソフトのdat ファイルはテキストファイルなのでメモ帳などエディタで編集可能です。問題は2行で構成されていて、1行目は「問題文」、2段目が「読み」として、実際の入力画面での入力ボックスのすぐ下とそのまた下に表示されます。

いいなと思った所は、1つの問題ファイルに収納されている問題の数がそのまま出題数になるので、問題の数を段々と増やしていけること。ひたすら打つべし!――というようなやり方がしたい時には向いています。

起動するとまずモードを選択する画面が出ます。つづいて問題ファイルを選択する画面が出て、読み込んだ時点で入力画面に切り替わり、3、2、1‥‥とカウントダウンが始まります。
問題ファイルの大きさがあまりに大きいと、多少カウントダウンまでに時間がかかりますが、一からデータを自分で手打ち入力するくらいの量であれば、あまり差は感じないかもしれません。

パソコンの処理能力などによって読み込み時間に差が出るだろうとは思うものの、自分で問題を一から全て手打ちで作成する場合には、恐らくそれほど差は感じないのではないかと思います。


---追記---(2006/07/15)
私は、ゆうびんホームページからダウンロードした郵便番号データを、年末に郵便番号データでお世話になった郵便番号CSVデータ作成プログラムというソフトを使って、地名と読み仮名だけ出力し、それをエディタの置き換えや、FaceStickのマクロで整理して、問題ファイルにして使っています。全国だと13万件くらいの数になるらしいので、さすがにこれを一度に読み込ませてみようという勇気はありませんけど。

問題ファイルは大きさが小さいに越したことはないのでしょうが、600KB弱のdatファイルでもカウントダウンまでに13秒くらいだったので、このくらいなら特に私は気になりません。
現実には、途中で終了させないと無理な問題数ですが(1問の長さにもよるでしょうが、これで云千問――全部打つとしにますな)、これは広くランダムに出るようにと、敢えて大きなのを作って使っています。ひたすら打って打って打ちまくる用に。

問題が自作できるという自由度と、読み込めるファイルの大きさでいうと、結構便利なソフトだと思います。下の段の辺りを「常に手前に表示」の出来るソフトのウィンドウか何かで隠してしまえば、暗記用にも使えるかも――などと思ったり。


問題ファイルの大きさはずっとずっと小さくていいいのという場合なら、丸中の色々タイピングもいいと思います。
自作問題についてだけ試しましたが、問題数は100問限定で、ランダムに出題されます。
(元々組み込まれている問題には、「Hard」として150問というのもあるようです)
100升計算みたいな感じで良いではないですか。1日100問。

問題ファイルは txt ファイルで1行1問のつくりです。「問題(読み仮名)」(かぎ括弧含む)で1問。問題ファイルの大きさは、特に明記されていませんが、三桁KBではエラーになったので試したところ、少なくとも26.8KB(ちなみに問題数は432問)まではOKでした。確かその時は 30KBでは駄目だったと記憶しています。ただ、1問の長さにもよるかもしれないので、細かいことは分かりませんが、ひとつの目安にはなるかなと思います。
by dugong156 | 2006-07-05 22:19 | パソコンあれこれ