人気ブログランキング |

私の人生無駄ばかり…そんな日々。


by dugong156
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

JUSTICE 必殺

スピード感もあって、アクションシーンも迫力があって、見てて飽きなかった。見て損はなかったと思うんだけど‥‥。



出来れば無実の罪とか、潜入捜査とか、罪と主人公との間に隔たりが欲しかったな‥‥。罪を犯して服役中という設定の所為で、それに立ち向かうという姿が濁って見えてしまった。素直に応援できなかった‥‥。

序盤の面会のシーンでも、仮釈放を早めろと声を荒げていたけど、その態度にもちょっと首を傾げてしまった。確かに飲酒運転の車に同乗したことも悪いし、不倫は片方の意思で出来るものじゃない訳だけど、「教え子」という立場を考えると、遺族の気持ちも解る気がする。死なせてしまったという、この事実は消せない‥‥。

主人公の罪に取り上げた問題というのがあまりに大きくて、(悪い意味で)適当な所で落として逃げた――そういう感じ。ラストを見て、被害者遺族は? その幸せは? その怒りは? スカッと爽快という訳にはいかなかった。

後味の悪さにも色々あって、悶々とした気分が残るような気持ちの悪い状態や、怒りを覚えるような感覚や、「え?これで終わり?」という期待外れの拍子抜けした感覚なんかがあるけど、これの場合は、ラストが予想できる展開なので、「やっぱりこういう終わり方しちゃう訳ね」という諦めにも似た感覚。

問題の重要性の割には掘り下げていないし、軽く見るにしても条件があまりに重過ぎるので、手放しで楽しめない。人を死なせてしまって服役している主人公――この設定の所為で、どっちつかずの状態になってしまった気がする。どちらを描きたかったのかなと‥‥。人を死なせてしまった者に死を以って償わせる――是か非か。これを真面目に考えるなら、1時間半は短過ぎるし、アクション映画として主人公が戦う姿を描くなら、罪が重すぎる。


と、文句ばっかり言ってるけれど、主人公の罪の設定だけ。それさえ除けば、面白かった。存在感のある役者さん達の演技は勿論、スピード感もあって、アクションシーンも迫力があったし。
by dugong156 | 2007-07-03 23:43 | 映画など