人気ブログランキング |

私の人生無駄ばかり…そんな日々。


by dugong156
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
3月頃書いた日記。
SHARP の AN-SS1 を買った経緯。

最近、相方が素の状態で聴いてるテレビの音とか
ラジオの音とかが大きい気がして、ちょっと心配になってた。

すごく個人的な見方なんだが、
年を取って耳が聞こえにくくなっているという状況って
正直、ストレスから解放して少しでも長生きさせようとする
細胞レベルの力が働いてる気がしてならない。

身体の主にストレス掛けるような余計な事は聞かせたくない
――そんな風に(笑)。
ストレスは他人と関わることで大抵起こる。
嫌な話、嫌な言い方、自分にとって都合の悪い事‥‥ etc.
それを聞かずに済んだら、随分とストレスも少なくなる。
勿論、付き合いもあってそうも言っていられない時もあるが‥‥。
(一方で、付き合いがあるから元気でいられるという見方もある)
だから相方が耳が聞こえにくくなったことを
少し淋しそうに話す時はこう言ってる。
「聞きたくなったら(補聴器を)着ければいいんだからいいじゃんか。
 聞きたくなくなったら外せばいいし。
 (補聴器は)そのために買ったんやから。しっかり使えばいいやん」と。
それでも補聴器を着けているとすごく聞こえるんだけど、
参加する倶楽部の長距離外出みたいな長丁場では、
段々と耳が疲れてくるらしい。
そう無茶苦茶年の離れた人の集まりじゃないから、
皆似たような聴覚レベルなのでひどく気を遣うことはないみたいだが、
そうなると、同じ補聴器なのに聞こえが悪くなるんだと。

長時間聞かなきゃならないない状況(※≠聴きたくて聴いている)だから、
身体が拒否し出すのも無理はない――と、これまた私見。
そうなったら暫く休ませてあげるのが一番いいと思う。
身体の声に耳を傾け、長生きしよう! ね!相方!

SONY のネックスピーカーが出た頃に、ちょっと気になって見てたんだが、
《振動は要らん。ズンズン来なくていい》
と思ってしまい、暫く放置していた。
で、前述の不安がきっかけになり、また検索。
BOSE の商品とか、5000円前後のもっと安いのがあるのは知ってはいたが、
SONY の SMR-10 と SHARP の AN-SS1 は知らなかった。
以前見ていた SONY のは音響チーム(チームという名称で良かったかな)のもので
新しいのはICレコーダーのチームが作ったという話が公式に載ってた。
違うチームで作るっていうのが今一つ分かんないんだが、
ただSONYはSONYなんだから、技術はSONYだよな‥‥(自分で言っててよく分からなくなる)。
目が行ったのは「集音器機能」だったが、確認してみるとイヤホン時のみの機能だった。
惜しい‥‥それじゃあ補聴器入れてるのとそんなに変わらん‥‥。
SONY だから音はいいだろうし、ステレオなら音の方向も掴みやすいが‥‥。
そういう訳で、悩みに悩んで結局、シャープの AN-SS1 を購入した。
値段もだいぶ下がるし苦しくないかなと。
(とはいってもその後のアンプも入れたらひと月の予算オーバーだった)

by dugong156 | 2019-04-20 03:08 | 日記
感想書くとか言いながら全然書けてないが‥‥。

節水タイプを選んだので、少量の水で効率的に洗ってはくれるんだけど、今、家では主にタオルとかは、ミヨシの石けん系合成洗剤と仕上げにクエン酸、あと黒物とか化繊とかジーンズとかはニュービーズ Neo を主に使ってるので、どうしても水量を変える必要がある。(ちょっと初期設定では水が少なすぎて、石けん系のは濯ぎ切れないみたい。ニュービーズ Neo はすすぎ1回対応だし)

一応、「おまかせコース」の場合、[電源]入り→[コース]で[槽洗浄]を選択→[水量]ボタンを長押し→[行程]で番号1~4を選択――で、すすぎの設定を変えられるんだけど、ずっとどれがどれだけなの?っていうのが疑問だった。もう訊いて暫く経つんだけど、メーカーさんに訊いてみたのでメモ。

取説には、
4 : [ため] + [ため]
3 : [滝] + [ため]
2 : [滝・滝] + [節水]
1 : [ため]
になってる。ちなみにお急ぎコースは[滝] + [注水]。

で、水の目安は、我が家の機種の最高水量50Lを目安で訊いた処によると、
滝・滝 : 5.5L + 15L = 20.5L
滝 : 15L
節水 : 22L(設定水量に関わらずこの量で溜まると循環)
ため : 設定水量
注水 : 設定水量の15%増
だそうな。これから取説の番号毎に水量を計算すると、

4 : [ため] + [ため]
50 + 50 = 100L
3 : [滝] + [ため]
15 + 50 = 65L
2 : [滝・滝] + [節水]
20.5 + 22 = 42.5L
1 : [ため]
50L
お急ぎ : [滝] + [注水]
15 + 57.5 = 72.5L


となる。(何回か検算したから大丈夫だとは思うが‥‥)
訊いてみるもので、目安には十分なるので、普段、ミヨシのを使う時は「3」、ニュービーズ Neo の時は洗濯物の量が多い時は「1」、少なめだったら「2」でやってる。

内蓋が邪魔だったり、通常の洗濯時には、注水中も回ってる最中も蓋を開けられない仕様(一応、[槽洗浄]にすると46L固定になっちゃうけど、注水中に蓋開けたりは出来る)だったり、好みの設定を複数記憶しておくとかっていうカスタム設定1、2――みたいなのがないので、その都度設定を変えるのが面倒だったりと、使い勝手が特別良い洗濯機では――正直ない。でもまぁ頑張ってくれてるし、相方が急いで買ってくれた有難い洗濯機なので大事に使ってますぞ。
by dugong156 | 2015-01-17 23:44 | 日記